劇団 乞局

廻罠(わたみ)
2006年10月4日(水)〜10月9日(祝・月)
王子小劇場

劇団活動終了

脚本・演出:下西 啓正

舞台美術:袴田 長武(ハカマ団)
照  明:谷垣 敦子
音響効果:平井 隆史(末広寿司)
演出助手:田中兄弟(田中則生・元一)
舞台監督:岩田 和明
衣  装:中西 瑞美
宣伝美術:石井 淳子
WEB 管理:柴田 洋佑(劇団リキマルサンシャイン)
制  作:阿部 昭義(R-Style Project)
     :大谷美有希(クロカミショウネン18)
制作協力:玉山  悟
     :砂田麻里子(ひょっとこ乱舞)
     :尾形 聡子
     :村岡 正喜
     :若狭ひろみ
協  力:谷澤拓巳+至福団
     :木村 尚敬
     :飯田かほり(蜷局美人)
     :劇団上田
     :クロカミショウネン18
     :経済とH
     :ひょっとこ乱舞
     :RONNIE ROCKET
     :きたく子ども劇場
     :王子小劇場
製  作:乞(コツボネ)局
出演

秋 吉 孝 倫
地獄谷 三番地(劇団上田)
下 西 啓 正
仗   桐 安(RONNIE ROCKET)
田 中 則 生
三 橋 良 平

石 井   汐
五十嵐   操
酒 井   純
津 田 湘 子(経済とH)
古 川 祐 子

──都内のわりと中心部に位置する深い地下、の下水道など。
有事の際の、もしくは災害時の避難場所として造られ、今も放置されたままの地下空間。
かつては下水道としても使われていたはずが、誰が捨てて、どこから流れてきたのかゴミで埋め尽くされている。
一部の下水道管が破れているらしく、時折ピチョピチョと垂れる音がする。

その脇の通路を主に居住区として、ほんのごくわずかだが浮浪者が居着きはじめた。
浮浪者というのは本当は適切ではなく、元は地上で普通に暮らしていた。(時折、都職員がやってきて、人を捨てているという目撃者もいるらしい)はじめはどう行動していいか分からなかった。
しかし死ぬわけにはいかないと気力が湧いてきて粘り気のある水たまりの水も飲んだ。
発熱や激しい吐き気などの症状は続いたが、それも回数をこなしていけばすぐに慣れた。
やがてゴミの中に腐った弁当、食材があることにも気付く。
地上のよりは断然痛んでいるものの、臭い水で慣らされた胃袋はものともしない。

食べ物が多く浮いている地帯は、同様に捨てられた人達も寄ってくる。
個々で奪い合ってはみんな死んでしまう、これでは普通に浮浪者の行いだ。
そして「班を作ろう」ということになった。
地上の浮浪者と同じように縄張りができた。
しかし、いわゆる浮浪者とは違うのだという自負は持っている。
そんな大人数では形成できない。
だから「班」なのだ。

彼らは地上の奴らより前向きで精神的に健全だ。
注)ここに掲載している舞台写真は、写真著作権は撮影者である鏡田伸幸に帰属します。又、同時に被写体となって いる人物の肖像権が発生し、パブリシティー権は劇団,並びに公演主催者がそれぞれ持っています。写真やデータをご利用になる際は、著作権者の許可が必要です。

HomeStage PhotosProfileRequest


Questions?Problems?Suggestions?Contact stage-shot@land-navi.com
STAGE−SHOT Since 2006/8/10
Copyright (C) Nobuyuki Kagamida .All Rights Reserved.