TOPIC

【少年社中】
少年社中の過去の作品を上演する2004年に立ち上げられた企画『少年社中リバイバル』。
そのVOL.2公演【スロウ】が間もなく上演される。

【劇団ONEOR8 B面公演】
ONEOR8(わんおあえいと)のプレビュー公演『ONEOR8 B面 コルトガバメンツ』が、ニッポン放送イマジンスタジオでおこなわれた。

【演劇博覧会『カラフル2』】
2007年5月3日(祝)、4日(祝)に愛知・長久手町文化の家で、東海地方の若手演劇人たちで構成される風林火山実行委員会が、演劇博覧会『カラフル2』を開催する。
実行委員長をつとめるヒート猛さんに、このイベントにかける意気込みをお伺いした。

【KUDAN Project】
『百人芝居◎真夜中の弥次さん喜多さん』から2年・・・【KUDAN Project】の新作、『美藝公』が小熊ヒデジ(てんぷくプロ)・寺十吾(tsumazuki no ishi)の最強コンビで、3月愛知・東京で上演される。

【庭劇団ペニノ】
公演の度に、衝撃と発見、そして多くの体験を観客の内側に描き続ける【庭劇団ペニノ】の新作、『笑顔の砦』が2月・3月に東京で、7月には大阪で上演される。

【月の子供】
作・演出の舞台『月の子供』が2月7日(〜2月18日・下北沢 本多劇場)に初日をむかえた。
公開ゲネの様子をUP!!

寒い冬・HOTな衝撃(笑劇?)お届けします。――『お台場SHOW‐GEKI城』
2006年12月16日(土)から2007年1月3日(日)にフジテレビ(東京・港区台場)でおこなわれる劇団とグラビアアイドルのコラボイベント『お台場SHOW‐GEKI城』。

すべての健康を愛する人に贈る、もの哀しく懐かしい「命」の話〜新進気鋭のマシンガンデニーロの新作『クロスプレイ』
切なく強い人間ロマンの物語を紡ぎだす【マシンガンデニーロ】。彼らの新作『クロスプレイ』は、救急病院を舞台に強盗と患者たちが巻き起こす、どこかもの哀しく懐かしい<生命>の物語だ。旗揚げからまだ3作目という若い劇団だが、今後も観続けていきたい魅力に溢れている。

国際派実力俳優・菅田俊率いる東京倶楽部が、野外テント公演に初挑戦!
映画『ラスト・サムライ』『キル・ビル』に出演、
日米合作時代劇『SAKURA』(2007年公開)への主演も決まり、現在、実力派国際俳優として注目を集めている菅田俊氏。
その菅田氏率いる東京倶楽部が、2006年11月、待望のテント公演に挑戦する!

【モンキー・ロード】今年のモンキー・ロードはコブシきかせて演歌で勝負!
毎回、ユニークなキーワードをもとに舞台を作り上げるモンキー・ロード。
北村想が書き下ろした期待の新作『えんかえれじい』が、幕をあける。

【Qluck宴】のパワフルなエネルギーにノックアウトされよう!
シェイクスピア劇からお笑い、CM、映画などで活躍する女性3人が組んだユニット、【Qluck宴(クラクエン)】。その旗揚げ公演『ストッキング』が間もなく幕を開ける。

空間ゼリーの夏の新作は、キャバレーが舞台!
女性が深く共感できる演劇を目指し、着実に成長を続ける【空間ゼリー】。
彼女たちが次に挑むのは前作とは大きく趣きを変えた、華美できらびやかな非日常の世界だ。
ちょっと昔のキャバレーを舞台に、純粋な女の子・マリーの心の軌跡を描き出す【空間ゼリー】の新作――

play unit-fullfullの、ちょっと変わった公演が間もなくお目見え
昨年は企画公演が多かった【play unit-fullfull】だが、今年は“さよなら”をテーマに、しっかりと腰を据えた本公演が続く。その第二弾、ダブル演出家&ダブルキャストで贈る『サヨナラとさようならをする』が、間もなく初日の幕を開ける。

今度の三年物語は歴史物!――新作『蓬来童子』公演迫る
【三年物語】は元【Cretan Crete】主宰の藤本浩多郎氏が立ち上げた、3年間限定劇団。そんな彼らのラスト1年、その幕開けを告げる作品が、間もなく公開される。

被災地が認め、全国が泣いた――【舞台|阪神淡路大震災】ツアーファイナル東京公演開催。
日本各地で共感と衝撃を与えてきた【舞台|阪神淡路大震災】が6月23日、いよいよ東京において2005-2006全国ツアーのファイナルを迎える。
ゲネ写真公開!!

〜再生への祈り〜――InnocentSphere新作『ミライキ』公演迫る。
深刻な社会問題と対峙しつつ、“生命感”を描き出すエンターテイメントを追及してきた【InnocentSphere】。
彼らの新作、『ミライキ』が6月13日よりシアタートラムで上演される。

大上段のオトコ芝居!――30-DELUXの新作、間もなく開演!!
「極彩色スピリチュアルエンターテイメント」と銘打った、迫力満点の舞台が魅力の【30-DELUX】。彼らの第5回公演『オレノカタワレ』が、東京と大阪で間もなく幕を開ける。

【オペラシアターこんにゃく座】公演『ガリバー』 旅の行き先――希望という名の未来へ
【オペラシアターこんにゃく座】が5月12日より、東京三軒茶屋《シアタートラム》でオペラ『ガリバー』改訂版を上演する。

【劇団 黒テント】春の旅公演、スタート
新しいホームグラウンドを得てますます精力的な活動を見せる彼らの、春の旅公演が4月29日よりスタートした。

舞台美術先行型ユニット【マンションマンション】の新作公演迫る!
舞台美術先行の芝居作り――主宰/舞台美術/出演の横畠愛希子さん、作/演出の福原充則さん(ピチチ5)に話を聞いた。

【innerchild】が青山円形劇場に進出!
壮大な世界観を背景に、心の領域へと深く迫る作品が魅力の【innerchild】。
彼らが11回目の公演にして、ついに青山円形劇場に進出する。

衝撃の初演、ツアー公演を経て今……『舞台・阪神淡路大震災』、書籍化へ。
――この本は、この演劇がいかに作られ、いかに全国へと飛び立ち、神戸・西宮公演で最終的にいかなる答えを手に入れたかを記録する。――

進化してゆく劇場――サンモールスタジオ新年会
東京・新宿に小屋を構えるサンモールスタジオの新年会。サンモールスタジオ賞発表!

『リア』 ルな人形劇〜【人形劇団ひとみ座】60周年記念公演『リア王』交流会
『リア王』の本番公演に先立ち、制作発表を兼ねた交流会が、1月9日(祝・月)ひとみ座第一スタジオで開かれた。

燐光群のデイヴィッド・ヘアー新作連続上演vol.2『スタッフ・ハプンズ』 新春に登場!
『スタッフ・ハプンズ』が、来年(2006年)1月から2月にかけて東京・名古屋・大阪で上演される。

今、最も人気の作家、重松清原作の舞台が、東京・横浜、兵庫で上演される!
【劇団銅鑼(どら)】が、直木賞作家・重松清原作『流星ワゴン』を、3都市で上演でする。

パパ・タラフマラ『百年の孤独』、ついに上演
『百年の孤独』プロジェクトの集大成『HEART of GOLD〜百年の孤独』がついに上演される。

英国鉄道の民営化が教えること――燐光群のデイヴィッド・ヘアー新作連続上演vol.1
1983年の旗揚げ以来、つねに話題作を発表し続けてきた【燐光群】。その【燐光群】が、今度は英国の鬼才、デイヴィッド・ヘアーの戯曲に立て続けに挑む。

【人形劇団ひとみ座】の舞台体験型ワークショップ
【人形劇団ひとみ座】一般参加者の本番稽古を兼ねたワークショップ

新たな真実は新たな誤りになる――劇団天才ホテルの新作ミュージカルが登場!
“ミュージカルの可能性”の探求者として、刺激的な作品を発表し続ける【劇団天才ホテル】。日本発のミュージカルという実験場で、幾多の奔放な試行を重ねてきた彼らが、新たに挑む世界とは?

今度のミュージカル座は“ホスト”で勝負!?
今年で創立10周年を迎えた【ミュージカル座】。
その記念すべき年にまた一つ、実験場から異色のミュージカルが飛び出す。
その名も『ロイヤルホストクラブ』――

昨年、東京公演にて多大な反響を巻き起こした『舞台|阪神淡路大震災』……10周年の今年、リニューアルされツアー公演へ。
――「1・17は忘れない」――
かつて劇団【タコあし電源】によって公演され、多大な反響を呼んだあの『舞台|阪神淡路大震災』の巡行再演が決定した。
忘れてはならないあの出来事が、舞台上で再び蘇る。

大阪の街のどこそこに、突如現る異世界・・・第五回野外演劇フィスティバル開催中!
第五回を迎えた、大阪野外演劇フィスティバル開催中。

劇団初舞台『アダルト・チルドレン』を9年振りに再演!!
劇団初舞台の戯曲『アダルト・チルドレン』が、8月31日より再演される。脚本・演出の勝然武美インタビューをお届けいたします。

閑静な住宅街に佇む、隠れ家的劇場―【劇団6番シード】アトリエ兼劇場
一軒家を舞台に公演を行う、【劇団6番シード】の隠れ家のような<劇場>に潜入レポート

ドラマリーディングを体験するチャンス・AAF戯曲賞ドラマリーディング開催!
AAF戯曲賞ドラマリーディング、間もなく開催。参加各団体へのインタビューもお楽しみ下さい。

『日ノ丸レストラン』が改訂版になって再演決定!
7月27日にニッポン放送・イマジンスタジオで開かれた『日ノ丸レストラン 改訂版』制作発表の模様をお届けします

『百人芝居◎真夜中の弥次さん喜多さん』。今夏、名古屋でいよいよ開演!
原作者・しりあがり寿氏を交えた、「百人芝居」の制作記者会見@名古屋

《大阪現代演劇祭》ついにフィナーレ!
★《大阪現代演劇祭》の舞台となった、仮設劇場「WA」という試み……その感想と検証。

鴻上尚史・作『ピルグリム』が、2年ぶりに上演!
★名作『ピルグリム』が、井澤健・すほうれいこなど若手キャストで今年の夏上演される。その製作発表と稽古の模様をお伝えします。

ドイツの新しく重要なダンスが、日本集結!
★「日本におけるドイツ年2005/2006」と名付けられたドイツを総合的に紹介するイベントの1つである【ドイツのダンス−新しい世代】。その製作発表の模様をお伝えいたします。

★舞台版『仁義なき戦い』のプレ・イベントの制作会見の模様をお伝えします。舞台版の新情報も必見!

★「小劇場のための仮設劇場」が出現した。斬新な輪形舞台「WA」の中で、《大阪現代演劇祭》の第二幕が始まっている。

★「ジャパン アヴァンギャルド」を担った一流アーティストたちの魂が東京・北千住「THEATRE1010」に集結!

★【劇団黒テント】の新拠点、「theatre iwato」がこの4月オープンした。今年の【劇団黒テント】は6作品を連続上演するという。

★愛知県で、演劇においてもビッグなプロジェクトが始動した。その名も『百人芝居◎真夜中の弥次さん喜多さん』

★【projectDREAMER】レストラン公演が、演目を変えながら1年間続けるという。2月8日に行われたレストラン公演の模様をお届けいたします。

BACK


Questions?Problems?Suggestions?Contact backstage@land-navi.com
BACK STAGE【SideA】 Since 1999/09/01.2000/10/01.Presented by LAND−NAVI
Copyright (C) 2005 LAND-NAVI .All Rights Reserved.