【KUDAN Project】の新作『美藝公』 公演直前 稽古REPORT

2005年、【KUDAN Project】は160人もの出演者と共に、しりあがり寿原作の『百人芝居◎真夜中の弥次さん喜多さん』を上演し、誰も観た事のない演劇として、観客に衝撃を与えた。

『百人芝居◎真夜中の弥次さん喜多さん』から2年・・・【KUDAN Project】の新作、『美藝公』が小熊ヒデジ(てんぷくプロ)・寺十吾(tsumazuki no ishi)の最強コンビで、3月愛知・東京で上演される。


 今回の公演の原作である筒井康隆氏の小説『美藝公』は、1981年画家・横尾忠則氏とのコラボレーションにより豪華本として出版された。
 『美藝公』の世界は、戦後の日本が映画産業立国であり、あらゆる政府の政策はすべて映画と歩調を合わせて進行し、復興する社会を描いた作品。
 タイトルの『美藝公』とは映画産業立国の頂点に立つトップスターである。
 そんな社会で生活をする登場人物たちは幸福感に満たされながら空想する。「もしこの世の中が《映画》でなくて《経済》が中心だったらどんな世界になっていたのだろう」と・・・。


『百人芝居◎真夜中の弥次さん喜多さん』
BACK STAGE REPORT
★天野天街インタビュー(2005/7/7)
天野天街氏(脚本/演出)
:大プロジェクトを前にして、「すべて“なり”です」と穏やかな天野氏。
“なり”とは?
★小熊ヒデジインタビュー(2005/7/7)
小熊秀司/小熊ヒデジ
:プロデューサーにして主演の小熊秀司(小熊ヒデジ)氏。企画の進み具合にはかなりの手応えをつかんでいる様子
★記者会見(2005/7/8)
7月8日に百人芝居事務局で開かれた記者会見から、KUDAN Projectの面々と原作者・しりあがり寿氏のコメントを紹介します
★稽古REPORT(2005/7/8)
人いきれでむせ返るようなアツい稽古場から、楽しくも激しい稽古の様子をお届けします
 【KUDAN Project】の新作、『美藝公』の舞台化について、原作者の筒井氏は「期待している」と語っていると小熊氏は話した。

 はたして『美藝公』は、どのような舞台になるのか?

 「細かいところまで《映画》と《演劇》を比較して、《映画》とは何が出来て、《演劇》には何が出来ないのか――《演劇》とは何が出来て、《映画》には何が出来ないのか――純粋に《映画》とは?《演劇》とは?《演劇》そのものを改めて問い直し、世界が驚愕する《演劇》作品になります。」と語る、小熊ヒデジ氏。


 又、今作『美藝公』は、『くだんの件』、『真夜中の弥次さん喜多さん』に続く小熊ヒデジ・寺十吾の二人芝居三部作の最終章として上演される。二人芝居最終章ということについて小熊氏は「二人芝居の最終章なのですが、今までの二作品を踏まえた上で、三つ目としての期待は(良い意味で)裏切ります。

 取材時(3月2日)、台本の完成が4割程度であるが、【KUDAN Project】プロデューサーでもある小熊氏は、舞台セットや照明、役者など全体で、「現時点で50%の出来」と語った後、「公演初日一週間前から、時間の流れの密度が上がっていく。(今まで)一時間に10出来ていたものが、15になり、50になっていく。手品みたいなことが起こるんです。」と、これからくる怒涛の一週間を楽しみにしているかのように笑顔で語った。

 最後に、今作を楽しみにしている皆様へお二人から、一言頂いた。

小熊『美藝公』を読んだ人は、この作品を二人芝居で上演するなんてイメージできないと思いますが、びっくりするような作品になります。又、愛知・東京公演の後、来年にも海外公演も予定しています。

寺十『くだんの件』や『真夜中の弥次さん喜多さん』でやみつきになった人には、より刺激の強いものを用意していますので、楽しみにしてください。




 取材中、個々のピースが完成されてゆく過程を垣間見た。しかし、残念ながらそのピースをはめ込んだ”絵”を観ることは叶わなかった。
 是非皆様の目で、想像を絶する作品――『美藝公』を観劇していただきたい。

★稽古REPORT
数々の創作が凝縮された稽古場をご覧ください。
(稽古REPORTは下の画像をクリックしてお進みください。)

『美藝公』

・愛知公演
3月8日(水)〜8月12日(月)

七ツ寺共同スタジオ

・東京公演
3月16日(金)〜3月21日(水・祝)
ザ・スズナリ

『美藝公』公演情報

原作:筒井康隆
脚本・演出:天野天街

出演
小熊ヒデジ(てんぷくプロ)
寺十吾(tsumazuki no ishi)


関連REPORT

★寺十吾インタビュー(2006/7/11)
演出・出演の【tsumazuki no ishi】主宰、寺十吾さんに、劇団のこと、新作のことなど多くを聞いた。
役者と演出家の顔はどうやって切り替える?

★稽古REPORT(2006/7/11)
味の濃そうな面々が集う【tsumazuki no ishi】から、一時は“幻の集団”とまで囁かれた彼らの表情をお送りします。

2007/3/2 文責・撮影・編集:鏡田伸幸

BACK


Questions?Problems?Suggestions?Contact backstage@land-navi.com
BACK STAGE【SideA】 Since 1999/09/01.2000/10/01.Presented by LAND−NAVI
Copyright (C) 2007 LAND-NAVI .All Rights Reserved.