衝撃の初演、ツアー公演を経て今……『舞台・阪神淡路大震災』、書籍化へ。

 ――この本は、この演劇がいかに作られ、いかに全国へと飛び立ち、神戸・西宮公演で最終的にいかなる答えを手に入れたかを記録する。―― 本書まえがきより
 2004年の初演で大反響を受け、去る2005年にはリニューアル・ツアー公演が行なわれた『舞台・阪神淡路大震災』が、脚本を手掛けた岡本貴也氏によって2006年2月に書籍化されることとなった。
 『【舞台|阪神淡路大震災】全記録』と題された本書は、舞台で使用された脚本が完全収録される他、初演からツアー再演へ至るまでの様々な舞台裏の模様が詳細に綴られたものとなっている。一地元出身者として、一演劇人として、まさに岡本氏が正面から向き合った「阪神淡路大震災」の全てが詰まった一冊である。

 初演の東京に続き、新潟・岩手・盛岡・神戸・西宮と各地で上演された同作だが、もちろん未観劇に終わった方は多いはず。また、舞台を観劇された方の中にも、あの衝撃・感情を再び反芻してみたいと思われている方も多いはず。
 「10周年を過ぎた今、なぜ阪神淡路大震災なのか?」、「なぜ舞台演劇だったのか?」、「なぜそこまでの執念を抱くのか?」……そんな疑問への著者の真意と共に戯曲を追えば、改めてあの出来事へのリアルな追体験ができるはずである。

 取材で得た膨大な証言・資料による「阪神淡路大震災」の真実を知る記録本として、そして劇団の公演、舞台作り、ショービジネスのドキュメントとしても実に興味深い『舞台・阪神淡路大震災』の集大成と言える本書。
 未曾有の災害の現場とはどのようなものだったのか。その舞台化作品がなぜここまでの反響を呼んだのか。劇団が一つの作品を作り上げる過程とはどのようなものなのだろうか……様々な側面から紐解ける本書は、舞台公演の実務書としてのみならず、過去に起きてしまった災害を受け止め、未来に自身に起きるかもしれない災害に向き合うための心構えのよすがになり得るかもしれない。

 「震災、舞台演劇だけでなく、『人間』に興味のある方に是非読んでもらいたい」と著者・岡本氏は語る。
 地元出身者である演劇人が魂を懸けて挑んだ軌跡である、この『【舞台|阪神淡路大震災】全記録』。興味を持たれた方は是非ご一読頂きたい。
岡本貴也 氏(2005/9/20撮影)

【舞台|阪神淡路大震災】全記録

著者 岡本貴也
ISBN4-384-03797-X
定価1,680円(税込み)
四六判並製
発売日 2006年2月3日予定

発行/発売 且O修社
〒110-0003 東京都台東区下谷1-5-34 
TEL03-3842-1711 
FAX03-3845-3965
舞台阪神淡路大震災全記録
岡本 貴也
三修社 (2006/01/31)

BACK STAGE REPORT
2004年7月取材、『舞台・阪神淡路大震災 2004年版』

〜未体験者へ贈る、舞台演劇による「阪神淡路大震災」〜

BACK STAGE TOPIC

『舞台|阪神淡路大震災』……10周年の今年、リニューアルされツアー公演へ。
――「1・17は忘れない」――
『舞台|阪神淡路大震災』の巡行再演が決定した。忘れてはならないあの出来事が、舞台上で再び蘇る。

東京公演スケジュール

東京公演(2006年)
■東京芸術劇場/小ホール1
6月23日(金)よる19:00開場/19:30開演
6月24日(土)昼13:30開場/14:00開演
6月24日(土よる19:00開場/19:30開演
6月25日(日)昼13:30開場/14:00開演
6月25日(日よる19:00開場/19:30開演
6月26日(月)昼13:30開場/14:00開演
6月26日(月よる19:00開場/19:30開演
6月27日(火)昼13:30開場/14:00開演
6月27日(火夕方18:00開場/18:30開演
Pコード 363-640/Lコード37162/チケット前売り3500円/当日4000円(全席指定)
○東京都豊島区西池袋1-8-1/03-5391-2111<MAP>

スケジュールの詳細に関しては、こちらをご覧下さい。


2006/1/30 文責:毛戸康弘 撮影・編集:鏡田伸幸

BACK


Questions?Problems?Suggestions?Contact backstage@land-navi.com
BACK STAGE【SideA】 Since 1999/09/01.2000/10/01.Presented by LAND−NAVI
Copyright (C) 2006 LAND-NAVI .All Rights Reserved.