大阪という街のそこ此処に、突如現る異世界・・・第五回大阪野外演劇フェスティバル開催中!

 1999年に始まり、今年で第五回をむかえる大阪野外演劇フェスティバル。毎年恒例となったこの野外の祭典が、今年も7月より開催中である。
 今年の参加団体は【犯罪友の会】【浪花グランドロマン】【満月工場】【楽市楽座】【どくんこ】の5団体。
 関西演劇界の大きな特色ともいえる野外演劇――その競演は、大阪という街を舞台にしてどのような世界を見せてくれるのだろうか?

円形劇場ラフレシア内部(楽市楽座提供)

 野外演劇……それは芝居の目的や内容にあわせて劇場を劇団自ら構築し、夜空や街の喧噪も芝居の一部として上演に組み込み、終演とともに解体されるという独特の演劇形態である。
例えば今回参加する【犯罪友の会】は、建築用丸太500〜1,000本を使用した自前の劇場を用意する。あるいは、以前BACK STAGE REPORTでも取り上げた“野外円形劇場ラフレシア”を所有する【楽市楽座】は、舞台全体を池にして、池の上に浮かぶ島で芝居を行うという。こうした野外ならではの試みには興味が尽きない。
 また、当フェスティバルが大阪市(大阪野外演劇フェスティバル実行委員会)の主催であることにも注目したい。街の活性化プロジェクトの一環として、演劇(それも野外演劇)が街に与える影響力に着目した行政の視点は、大阪だけではなく全国の演劇界にとっても大変貴重なことであろう。

 大阪の街に突如現れた異世界は、街の音や香り、そして人々の思いを飲み込み街と同化する。やがて祭りが終われば何も無かったように消えていくのであろう・・・魂だけを残して・・・。


第五回野外演劇フェスティバルスケジュール
・どくんご『ベビーフードの日々』
7月1日(金)〜7月3日(日)
扇町公園

・野外演劇シンポジウム
9月11日(日)19時開演
扇町公園 浪花グランドロマン 特設雷魚テント

・浪花グランドロマン『激情都市-Song of Birds-』
9月14日(水)〜9月18日(日)
扇町公園 浪花グランドロマン 特設雷魚テント

・楽市楽座『肉月』
9月30日(金)〜10月3日(日)
中之島公園 剣先広場 野外特設円形劇場ラフレシア
詳しくはこちら→

・満月工場『ユーラシア海岸に昇る月』
10月7日(金)〜10月16日(日)
大阪南港国際フェリーターミナル前駐車場 特設テント

・劇団 犯罪友の会『にほやかな櫛』
10月20日(木)〜10月25日(火)
史跡 難波宮跡公園 野外特設劇場
詳しくはこちら→


総合お問い合わせ
第五回 大阪野外演劇フェスティバル実行委員会
06-6448-0567(事務局・武田)

2005/9/11 文責・編集:鏡田伸幸

BACK


Questions?Problems?Suggestions?Contact backstage@land-navi.com
BACK STAGE【SideA】 Since 1999/09/01.2000/10/01.Presented by LAND−NAVI
Copyright (C) 2005 LAND-NAVI .All Rights Reserved.