AAF戯曲賞ドラマリーディング Ort-d.d・倉迫康史 インタビュー


演出家として、多くのドラマリーディングを経験している【Ort-d.d】の倉迫康史さん。その倉迫さんは今回、AAF戯曲賞ドラマリーディングで敢えて「ドラマリーディングの極北」に挑みたいと言う。そこにある真意を、ドラマリーディングに感じる魅力と合わせて語ってもらった。

Ort-d.d
【Ort das dritte(オルト ダス ドリッテ:第三の場)】の略。
演出家・倉迫康史が2003年にスタートさせた現代舞台芸術プロジェクト。
プロジェクト名通り“場”にこだわる活動を通して、「言葉を美しく、緊張感を持って発声する」ため“ささやきの演劇”という手法の探求を続けている。


公式HPは此方




倉迫康史
【Ort-d.d】主宰・演出家

1969年11月25日宮崎県生まれ。A型 。
早稲田大学政経学部卒業後、演出家を志し演劇活動を開始。
山の手事情社演出助手、劇団吟遊市民主宰を経て、1999年よりフリーの演出家、プロデューサーに。

2000年 4月、現代舞台芸術ユニット【Ort】始動

2002年12月、同ユニット停止

2003年 1月、【Ort-d.d】プロジェクト始動

同年代の演劇人を刺激したい

―まず、今回AAF戯曲賞ドラマリーディングに参加を決めた理由からお聞かせ下さい

大きくは2つあります。一つは昨年『so bad year』という作品を長久手町文化の家でやらせて戴いたこと。自分の作品をある地域でやるとしたら、「一回やっておしまい」ではなく、できれば何度か見てもらいたい、というのがあったんですね。僕自身の成長も含めて、「この演出家はこういう風にして色々な作品を作っているんだ」っていうところまで伝わればいいな、と。だから、機会があればまた愛知には行きたいって思ってたんです。
それともう一つ。実は僕は、なぜかドラマリーディングをやる機会が多いんですよ。今年も2ヶ月間ほど、豊島区(東京)の方たちに参加してもらってドラマリーディング講座をやっていました。そうしたこともあって、「ドラマリーディングって何だろう」ということをもう一回、確かめてみたかったんです。今回は4団体が出ますし、おそらくいろんな可能性が示されると思うんですね。その現場に自分も立ち会ってみたかったんです


―【Ort-d.d】は今年だけでもすでに宮崎・山口・東京・栃木・静岡で公演をしていて、今度は愛知。こうした、地域での活動を積極的に展開する【Ort-d.d】だからこそ感じる今企画の意義とは?

僕たちが地域に出るようになった理由は、僕たちがいろんな観客に出会いたかったというのもありますけど、同時に、各地域の同世代の演劇人たちを刺激したかったっていうのもあるんですね。これまで地域を巡演する大きな芝居って正直、現代演劇の最前線っていうのとはちょっと違うものが多かったと思うんです。それって多分、各地域の若手の演劇人たちは刺激はされないと思うんですよね。同じ演劇でも「違う世界」っていう感じで。そうではなくて、同年代の人間が――自分で言うのもなんですけど――日本の演劇の最前線のところで戦っているのを見てもらいたかった。それで地元の若い演劇人たちが「これなら俺たちだって勝てるよ」って思うのか、あるいは「もっとがんばろう」って思うのかはともかく、何らかの形で活性化に繋がれば、っていう思いがあったんです。
その点で、今回の企画はたまたま、東京の現代演劇の最前線で戦っている人たちが顔を揃えましたので……あの、演劇をやっている人たちに観に来てもらえないと、すごく寂しいことになると思うんですよ(笑)。正直、こういう企画って一般のお客さんが来てくれるところまではなかなか行かないと思います。でも、それは当然なんですね。芸能人が出ているわけではないし、派手な宣伝活動が出来るわけでもないですから。じゃあ、これは一体何の為にやるのか。やっぱり名古屋なり東海地方なりの現在演劇をやっている人か、あるいは演劇を志している人たちが見て、自分たちの創作の何らかの刺激にしてくれる……そうしたことが行われないと、せっかくやっても意味が無いと思うんですね。見てもらって、その余波がどこまで行くのか。それが大事だと僕は思っています


常にある、言葉との距離感

―ドラマリーディングを演出する機会の多い倉迫さん。倉迫さんはドラマリーディングの面白さ・魅力をどのように感じてますか?

ドラマリーディングの面白さって、常に言葉と距離感があるっていうことだと思うんです。ドラマリーディングではテキストを持って喋る。つまり、目の前に字があるんですよね。最低十五センチくらいは必ず距離感があるわけです。決して俳優の肉体・精神と同一にならない、常に距離感がある。それが一番面白いところなんですね。
実はドラマリーディングと僕の芝居って、あんまり遠くないんですよ。距離感を持って言葉を扱うのは自分の芝居でも一緒なんです。言葉を肉体化しない、セリフと同一化を図らない……だから、僕にとっては本を持っているか持っていないかっていうだけの違いだったりするんです(笑)。
言葉に距離感がある。その距離感をどんな距離感に設定していくのか。テキストの言葉が、喋っている人間よりもずっと遠くに行ってみたり、急に近付いてきたり。そのダイナミズムが、俳優とテキストとの拮抗というか、緊張感に繋がっていくと思っているんです。それが、物語の筋とは別に、時間の流れをドラマティックにしていくということだと
―さて、今回【Ort das dritte】が取り組む戯曲、スエヒロケイスケさんの『water witch』ですが、この戯曲の魅力をどのように感じてらっしゃいますか?

これは、つらい状況にいる人間たちのつぶやきだな、って思ってるんです。で、「どうやったら脱出できるんだろう」っていう話なんだけど、かといってスカーンと脱出しきれるわけではないっていう苦さもあり…。そこの部分が、実は非常にロマンティックだと思っています。その、出口のない感じっていうのは、皆さん、共感できるんじゃないでしょうか。それが魅力の一つですね。
もう一つ。スエヒロさんの書くセリフ、登場人物たちのセリフって非常に現代的だと思うんですよ。それはどういうことかというと、登場人物たちと、彼らが喋っている言葉に、どこか距離感がある。本当にそう思っているのかが分からない。一言でいうとメールのやりとりみたいな感じなんですね。メールって、本当にそう思っているのか分からないじゃないですか。でも、スムーズなやりとりになっているように見えたり、本音を言っているように見えたりする。それと同じで、ある種バーチャルなコミュニケーションのようにも見えるんですね。
僕、あるところで「スエヒロさんの名前がカタカナだからこの戯曲を選んだ」って書いたんですけど、それは茶化した訳ではなく、本音なんです。どこかフェイクな感じ。どこかフェイクな登場人物たちと、どこかフェイクなコミュニケーション。日本人なのに外国人のフリをしているみたいな感じって言うか。日本といいながら、非常にアメリカナイズされている僕らの文明同様、どこかフェイクなもので彩られている。そして、決して歴史を背負っていない。この話の舞台は別に名古屋じゃないですからね(笑)。「地方都市」って言ってるけど、平均化された日本の都市っていう感じですし。そういう、何ものにも根付いていない感じ、そこから生まれてくるコミュニケーションっていうのが、非常に現代的で惹かれました


―最後に、AAF戯曲賞ドラマリーディングに参加するに当たっての抱負を聞かせて下さい

僕らは実は今回、「ドラマリーディングでこれやっちゃっていいの?」っていう、反則技オンパレードなんです(笑)。それを確信犯としてやってます。だから役者のみんなには事前に「怒られる可能性が高いけど、そのときは怒られましょう」って言ってますし(笑)。でも、それは何でかっていうと、演劇というか演出っていう作業は、破壊をするんですね。必ずそれはあるんです。既成概念の破壊だとか、ある種のタブーに触れるとか。何かアンチテーゼを掲げるっていうことは大事だと思っているんですね。特に今回は企画自体がある意味、実験的なものだと思うんです。であるならば、「ここまで」はありなのかどうか、そのギリギリのところ、極北を目指そうと。僕は演出プロパーな人間ですし、だから敢えてそこまでやってもいいんじゃないかと思ってます。その結果、「これはドラマリーディングじゃないよ」となっても、それは逆に「じゃあ、ドラマリーディングって何なの?」ってことを考える契機になると思いますからね。
なので、あの……怒られるんじゃないかなぁ(笑)。ポストパフォーマンス・トークが憂鬱なんですけど、そのビビリっぷりを是非、観に来てください(笑)

インタビュー中に出てきた「フェイクな感じ」。それを前面に出すために今回のドラマリーディングでは、アメリカン・コメディーの吹き替え版のテイストを目指すという。そのためのデフォルメ度合いを探るのが難しい、と倉迫さんは楽しそうに頭を抱えた。
「ビビっている」とおどける一方で、「演出家はもっと自由だし、もっと破壊的なもの」と自負を込めて語った倉迫さんの手腕に、大いに期待したい。

2005/8/12 文責・インタビュアー:北原登志喜 撮影・編集:鏡田伸幸

稽古場の大きな画像をご覧になりたい方は、【稽古風景)】へ

BACK

Questions?Problems?Suggestions?Contact backstage@land-navi.com
BACK STAGE【SideA】 Since 1999/09/01.2000/10/01.Presented by LAND−NAVI
Copyright (C) 2005 LAND-NAVI .All Rights Reserved.