『ピルグリム〜2005style〜』稽古REPORT



都内某所。古びた建物の一室が『ピルグリム〜2005 style〜』の稽古場になっている。
既に公演まで3週間を切り、そろそろ稽古も佳境。蒸し暑さもなんのその、稽古前のアップでは男子が腕立て伏せ合戦で場を盛り上げる。その合間を縫うように、すほうれいこ嬢の駆る一輪車が走り抜ける。ただいま特訓中?……なかなかの腕前だ。
アップを見ていると全体に出演者たちのリラックスぶりと仲の良さがうかがえて、学校の休み時間を髣髴させるイイ感じの時間が流れていた。会見で彼らが話していたとおり、これまでの稽古が充実のうちに重ねられてきたことが分かる。
ややあって演出の宇治川まさなり氏が稽古場に入室する。途端、一転してピンと張りつめる空気。いつでも稽古に入れます、という構え。このあたりの切り替えはお見事だ。

宇治川氏、演出席につくなり「0から5まで芝居いきまーす!」
いきなり冒頭から、続く5つのシーンを一気に通すかたちで稽古が始まった。
“六本木実篤”役の佐伯太輔。
会見で「鴻上作品を汚(けが)さないように頑張ります」と語った決意もあらわに、力の入った演技で冒頭から芝居を引っ張る。
すほうれいこは“朝霧悦子”/“グッド・モーニング”の一人二役。
いずれも「ハイテンション」なキャラクターだ。ちなみにこちらは女性編集者“朝霧悦子”の顔。

ゲイの青年“直太郎”という難役を演じる井澤健。
広い稽古場に直太郎の可憐な(?)裏声が響く。…まだまだ役作りの途中だけど、いい味出してます。

物語は佐伯演じる小説家“六本木実篤”をめぐる現実と、彼の描く小説の世界が交錯しながら進んでいく。二つの世界を繋ぐ謎の存在“黒マントの男”を演じるのは【北区つかこうへい劇団】の個性派、友部康志。佐伯・友部・そして今回3役を担う中坪由起子。舞台経験豊富なこの3人が芝居をどうリードしていくかも今作の見所だ。
物語は佐伯演じる小説家“六本木実篤”をめぐる現実と、彼の描く小説の世界が交錯しながら進んでいく。二つの世界を繋ぐ謎の存在“黒マントの男”を演じるのは【北区つかこうへい劇団】の個性派、友部康志。
“浦川”/“ウララ”/“テンクチャー”という三つの役を一人でこなす中坪由起子。佐伯・友部・中坪という舞台経験豊富な三人が芝居をどうリードしていくかも今作の見所だ。

『ウルトラマン ガイア』では地球を守る男だった吉岡毅志(右)。今回は“マッド・サイエンティスト”役で登場。【第三舞台】当時、同役を演じた筧利夫に真っ向勝負!
“きょーへい”役の弓削智久(右)と“ハラハラ”役の溝呂木賢(左)。芝居の中にも仲の良さがにじみ出てます。……それにしてもいい笑顔。
“タンジェリン・ドリーム”役の藤村ちか。特異なキャラをうっとりと熱演。どんなキャラかは…うしろで見ている中坪女史の呆れ顔が物語ってます。

シーン5まで一度も止まることなく稽古は続いた。
鴻上戯曲らしいテンポの良さはまだ十分に発揮されていないが、セリフの入りはほぼ完璧。

…ただ、ここからの道のりの険しさをよく知る宇治川氏、この通し稽古終了後、痛烈な駄目出しを役者たちにぶつけていった。

「何を考えて芝居したの? それは自分では伝わったと思ってる?」
「何でテンポが出ないの?……それが答えられなきゃ、いつまでたってもテンポ出ないよ!」
公演まであと20日余りという時期的なものもあるのだろう。問いかけの形をとった宇治川氏の駄目出しには「ギリギリまで役者自身に考えさせる」「役者を追い込む」意識が見て取れた。
追い込まれる役者たちも負けていない。メゲじと食い下がって、厳しい‘問い’に自分の言葉でとつとつと、けれどしっかり答えていく。その言葉に宇治川氏も真剣に耳を傾ける。
厳しい中にもいい信頼関係が築かれている……それを実感させる1コマだった。

    


演出の宇治川まさなり氏は駄目出しの最中、芝居をサッカーのプレイに例えることしばしばだった。
「自分たちのプレーでお客さんの感情を揺さぶらなきゃ!」
……ひょっとして、かなりのサッカーファン?

公演まで日を追って暑くなるこの季節。その季節を上回る勢いでこれからどんどん熱くなっていく稽古場。いい具合に熟成は始まっている。本番を期待させる、確かな熟成が。
『ピルグリム〜2005 style〜』
【第三舞台】のオリジナルを知る人にも知らない人にも、きっと楽しめる舞台になりそうだ。

――「まだヌルいよ!」……また一つ、宇治川氏の厳しいカツが飛んだ。


公演の大きな画像をご覧になりたい方は、こちら

2005/6/16 文責:北原登志喜 編集:鏡田伸幸

BACK


Questions?Problems?Suggestions?Contact backstage@land-navi.com
BACK STAGE【SideA】 Since 1999/09/01.2000/10/01.Presented by LAND−NAVI
Copyright (C) 2005 LAND-NAVI .All Rights Reserved.