演劇実践集団【デスペラーズ】
12月公演『愚かものの記録』第二弾---人間であること---

それは戦中・戦後が文字通り同時進行する舞台。「人間を見据えた芝居を作りたい」と作・演出の岩瀬浩司さん。
そこには一言では言えない思いがありそうだ。

2006/12/8 インタビュアー・文責:さたけれいこ(サブテレニアン)  撮影・編集:鏡田伸幸


 演劇実践集団【デスペラーズ】は2001年より活動開始。03年には、『石ころは濡れてそしてまた乾いた』でシアターグリーンフェスティバルグランプリを獲得。骨のある脚本、誠実な舞台が胸を打ちます。
 今回は作・演出の岩瀬浩司さんにお話を伺いました!岩瀬さんは『幻影』という作品で、北海道戯曲コンクール「北の戯曲賞」優秀賞を受賞されています。岩瀬さんの経歴について伺うと・・・
かつては「帝国陸軍の鬼」といわれた元将校のもとに、一人の女が訪ねてくる。

元将校を演じる篠原功生さん。昔の日本人はこうだったんだろうな、と気づかされた。大袈裟な物言い、派手な身振りは一切ない。

女の叔父と将校は同じ部隊にいたという。その過去とは・・・

「何をしにここにやってきたのか考えて。まるで尋問しているみたいだよ」と岩瀬さん。普段はもっと厳しいのでしょうね。


岩瀬
 僕自身もともと役者だったんです。それがある時、仲間たちで芝居をやろうということでたまたま僕が脚本書くことになりました。もともと書くことが端的にただ好きだったんですが、知り合いが「こんなのあるよ、出してみたら」と「北の戯曲賞」への応募を勧めてくれたんです。それがたまたま賞をとって。その後、役者仲間に役者さんを紹介していただいたりしながら、作・演出で芝居をうつようになったんです。
 今は役者は一切やっていません。自分の下手さ加減に気づいたので(笑)自分で書いて出るのは難しいですね。


 書くのも演出するのも「なりゆき」と言う岩瀬さん。【デスペラーズ】で岩瀬さんがやりたいこととは?


岩瀬
 歴史とか実際にあった事件をモチーフにしています。人間に興味があって・・・そうすると犯罪であったりとか、特殊なものが浮き上がってくるんですね。そういう状況下で浮かび上がってくる人間を描きたいと思っています。人間を見据えた芝居を作りたい。その時に嘘はつきたくない。芝居の中で戦争の話をやること自体嘘なんですが、その中でも特殊な嘘をつかないようにしています。


 「人間を見据えた芝居を作りたい」「嘘はつきたくない」---しかし、その誠実な思いは矛盾にぶつかるはずです。その戦いの結果が芝居になって現れているのではないか、と思いました。
 今回の「愚かものの記録」は戦中・戦後の話。他の作品でも、戦争を取り上げたものが多いので、第二次世界大戦へのこだわりについて聞いてみました。



岩瀬
 「思想があるのか」と聞かれることもありますが、そういうことはないです。(デスペラーズの作品は)戦争の話も多いですが、現代のものと半々くらいですよ。「戦争へのこだわり」ということでは、実際に戦争に行った親の影響が大きいですね。特攻隊で死んでいった仲間の話など、子供だから理解はできないが、そういうことをひたすらしゃべっていました。その後、自分で本などを読んで興味を深めていくようになったんです。
 今回は戦中戦後が同時に進行する話ですが、前回公演【或る告白】などは、昭和23年頃の話です。戦後は、敗戦を境に、敗戦を受け入れる人とまだ分からない人が入り乱れて、そこにドラマが生まれるんですね。


今やったシーンについて検証中。役者同士のアドバイスも交えながら。

さて、もう一度。空気が変わって緊張感がはりつめる。

真剣に稽古を見つめる清水拓藏さん。他の役者の演技を見ることも稽古のうち。

稽古を一時中断。熊谷美香さんの誕生日!ケーキが用意されました。和む稽古場。

戦後の日常の中に、フラッシュバックのように戦中のことが甦る。

戦場の現実は、日常とはかけはなれている。狂気がすぐ隣り合わせに。

戦中、戦後とはどんな時代だったのだろうか。

再び今やったシーンについて検証。お互いが納得するように、言葉を選びながら話しあっていく。

 
【デスペラーズ】の作品を見て「台詞が生まれるまでの間が印象的だった」とおっしゃっている方がいました。また「役者の内面を大切にしている」との感想も。その辺りは意識して演出されているのか、また他に大切にしていることについて伺いました。

岩瀬
 僕の脚本は台詞の量が多いらしいんですが、その台詞が出てこないとか、生理に反するようだったら、「無理に言わないでくれ」「嘘はつかないでくれ」と言っています。大切にしていることですね。もちろん毎回言っているわけではなく、稽古を重ねていく中での話ですが。
 その他というと、演劇でしかできないことをしたいですね。テレビだったらカット割りがありますが、演劇にはそれができない。2時間同じ場所で、監禁じゃないですけど観客と同じ空間を共有するわけで。それをいかに生かすか、ということですかね。


 「人間を見据えた芝居」------その答えは演じる役者の体の中にあるのでしょう。空間を共有することで、私にも見えてくるのでしょうか。

 稽古場にいたのはほんの数時間ですが、稽古に臨む役者の方々、話してくれる岩瀬さんの目を見ていると、日々の戦いを想像させられました。本番は、更に強く私たちに訴えてくることと思います!



演劇実践集団デスペラーズ
12月公演
『愚かものの記録---人間であること---』

2006/12/13-17
(13日(水)19:00 14(木)19:00 15(金)19:00 16(土)14:00/19:00 17(日)14:00)
銀座小劇場
料金 3,500(全席指定)

お問い合わせ:
des_perads2000@yahoo.co.jp
http://www.geocities.jp/des_perads/

作・演出 岩瀬浩司

出演
篠原功生
小島輝之
杉崎正徳
熊谷美香
伊藤俊
岡村綾子
清水拓藏







[from SUBTERRANEAN]


サブテレニアンでは、これからもBACK STAGEのなかで[from SUBTERRANEAN]として、サブテレニアンを連続利用している団体からピックアップした公演の稽古場レポートをお伝えしていきます。またサブテレニアンWEBSITEでは、他にも随時稽古場レポートをアップしていますので、是非そちらもご覧下さい。

演劇フリースペース サブテレニアンについて
 東武東上線大山駅徒歩5分にある演劇専用の稽古場です。広さは4間×3間強、公演直前の連続稽古やタタキ場としてご利用できます。またワークショップや公開稽古にもご利用できます。諸々ご相談下さい。料金は全日(9-23時)11,000円、半日(9-17時/17-23時)7,500円です。
 詳しくは サブテレニアンWEBSITE お問い合わせは info@subterranean.ddo.jpまたは 070-6494-5841(赤井)まで

稽古場の大きな画像をご覧になりたい方は、こちら

BACK


Questions?Problems?Suggestions?Contact backstage@land-navi.com
BACK STAGE【SideA】 Since 1999/09/01.2000/10/01.Presented by LAND−NAVI
Copyright (C) 2006 LAND-NAVI .All Rights Reserved.