佐藤B作率いる軽演劇の老舗【東京ヴォードヴィルショー】が、1月28日から下北沢ザ・スズナリで『竜馬の妻とその夫と愛人』のU‐40(平均年齢40歳以下)バージョンを上演する。

 三谷幸喜 / 作の『竜馬の妻とその夫と愛人』は、【東京ヴォードヴィルショー】が2000年に初演して大好評を博した傑作コメディーだ。映画化もされているので映画ファンにもお馴染みの作品だろう。

 その『竜馬の〜』再演を引っさげて現在、【東京ヴォードヴィルショー】は全国を巡演中(フィナーレはニューヨーク!)。そちらが劇団フルメンバーでの本公演であるのに対して、この“U−40バージョン”は劇団の若手が主体となる。

 だが、ただの若手公演とあなどるなかれ。“平均40歳以下”という微妙な年齢設定が示すとおりファンにはお馴染みの中堅どころが軸となり、演出を手がけるのは本公演と同じ山田和也氏なのだ。同じ演目をほぼ同時期に同演出家で、キャストの年齢層だけ替えて上演する。これはもう、若手の、ベテランに対する立派な挑戦である。老舗の今後を背負っていく若い(?)役者たちはこの舞台で、どんな可能性を見せてくれるのか――。

 本公演をご覧になった人なら両者を比較しながら観るのも一興。また、ダブルキャスト(Aキャス&Bキャス)での上演なので、A / B の違いを見極めるのも面白そう。楽しみ方いろいろの舞台になりそうだ。
last up date 2006/1/21
取材レポート
★まいど豊 / 小林美江 / 大森ヒロシ インタビュー(2006/1/12)
作品を引っ張る劇団の中堅3人に、U−40バージョンのあれこれを語ってもらいました。
★稽古風景(2006/1/12)
キャストA組
★稽古風景(2006/1/12)
キャストB組
【劇団東京ヴォードヴィルショー】プロフィール
誰にでもわかる軽演劇(ヴォードヴィル)をやろうと1973年結成。日本の喜劇を追求し続けている。

オフィシャルサイトhttp://www.vaudeville-show.com/
BACK STAGE REPORT

BACK STAGE REPORT〜劇団東京ヴォードヴィルショー〜
〜report no.29 劇団東京ヴォードヴィルショー
京極圭プロデュース『ハイポキ』

〜老舗の看板! 若手の反乱!?〜
京極圭インタビュー稽古REPORT
(2005年5月取材)
『U-40バージョン「竜馬の妻とその夫と愛人」』
1月28日(土)〜2月5日(日)
下北沢 ザ・スズナリ
⇒詳細情報はこちら
坂本竜馬が愛した女と、
坂本竜馬を愛した男と、
坂本竜馬を愛した女を愛した男と、
坂本竜馬を愛した女が愛した男の、
哀しくて、おかしくて、哀しい物語。
その場しのぎの男たち
その場しのぎの男たち
posted with amazlet at 05.05.05
ポニーキャニオン (2004/05/19)
売り上げランキング: 6,909
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.5
4 日本の政治なんて
5 三谷幸喜最高!
BACK

Questions?Problems?Suggestions?Contact backstage@land-navi.com
BACK STAGE【SideA】 Since 1999/09/01.2000/10/01.Presented by LAND−NAVI
Copyright (C) 2006 LAND-NAVI .All Rights Reserved.