もはや初春恒例となった東京国際芸術祭(TIF)が今年も間もなく開幕する。2月10日から始まる《アメリカ現代戯曲&劇作家シリーズVol.1ドラマリーディング》を皮切りに、今年も同芸術祭では“社会に対して演劇が持つチカラ”を問うプログラムが盛りだくさんだ。

 内容を簡単に紹介すると、まず目を引くのが今年から始まるプログラム、アメリカ現代戯曲&劇作家シリーズだ。現在、政治情勢のあおりを受けて世界の中で孤立するアメリカのアーティストたち。彼らに敢えて光をあてるところがいかにも同芸術祭らしい。アメリカの劇作家たちはいま、何を考えているのか――2000年以降に書かれた戯曲4作品を手掛かりに読み解く、マスメディアでは伝えられないアメリカの表情、それを日本の気鋭の演出家たちがどう料理するのかなど、興味は尽きない。

 また、今年も中東と東欧からそれぞれ作品を招聘している。両者とも政治・社会情勢に不安や摩擦を抱えた地域。そうした“場”に生まれる演劇が宿す“チカラ”は、きっと日本の演劇ファンに新鮮な衝撃を与えてくれることだろう。

 更に今年は新たな試みとして、主催者であるNPO法人アートネットワーク・ジャパン(ANJ)が、自身の手によって“日本の演劇”を製作、上演する。ANJが運営する《にしすがも創造舎》をベースに、満を持して放つ2作品にも大いに期待したい。

 他にも例年通り、東京以外で活躍する日本の劇団を招くリージョナルシアター・シリーズや、コミュニケーション・プログラム等の交流の場も設けられていて、演劇の在り方を様々な角度から見つめる機会を積極的に提供している。

 プログラム全体を通して同芸術祭が発信するのは、「演劇にはもっとチカラがあるはず」という切実な問いかけだ。そうした問いに耳を傾け、真剣に“演劇のこれから”を考えるもよし。余計なことは考えず上質な舞台を素直に楽しむもよし。楽しみ方いろいろの同芸術祭を、是非ともこの機会に体験して欲しい。
(東京国際芸術祭2006年2月10日から3月27日まで)
last up date 2006/2/16
取材レポート
★市村作知雄 インタビュー(2006/2/2)
| 1 | 2 |
ANJ理事長の市村作知雄さん。
東京国際芸術祭ディレクターとしてこの芸術祭に込めた思いとは?
今年、更にその先へ。多くを語ってもらった。
★宮崎真子 インタビュー(2006/2/2)
芸術祭のトップを切って登場する宮崎さんに、今作のこと、リーディングの面白さなどを語ってもらった。
★中野成樹 インタビュー(2006/2/2)
翻訳劇に好んで取り組んできた中野成樹さんに、今作に絡めて翻訳劇ならではの面白さを聞いた。
東京国際芸術祭(TIF)
1.海外招聘公演・国際共同製作公演、2.東京以外の地域で活躍する劇団を紹介する「リージョナルシアター・シリーズ」、3.首都圏を拠点に活躍する劇団、舞踊団の公演などの【公演部門】、アートの普及活動の一環として、学生や若い社会人にアートやアーティストと触れあう機会を提供する【コミュニケーション・プログラム】、次世代を担う海外制作者との国際的ネットワークの形成をめざす【インターナショナル・ヴィジターズ・プログラム】の3部門で構成されている。


オフィシャルサイトhttp://tif.anj.or.jp/
NPO法人アートネットワーク・ジャパン(ANJ)
芸術文化の活性化および国際文化交流の促進を目的とするアートNPO法人。
芸術の社会的な力をとりもどすために、国際的視野をもって芸術文化に関わるさまざまなプロジェクトを立ち上げている。


オフィシャルサイトhttp://anj.or.jp
関連記事

BACK STAGE REPORT


BACK STAGE REPORT〜アートネットワーク・ジャパン+Ort-d.dプロデュース〜
〜report no.32 〜にしすがも創造舎演劇上演プロジェクトVol.1アートネットワーク・ジャパン+Ort-d.dプロデュース 『サーカス物語』〜
〜創造(稽古場)から発信(劇場)へ〜廃校から生まれるサーカス〜〜
倉迫康史インタビュー蓮池奈緒子インタビュー
(2005年9月取材)
『東京国際芸術祭公演プログラム』

『アメリカ現代戯曲&劇作家シリーズVol.1ドラマリーディング』公演は終了いたしました。

『リジョーナルシアター・シリーズ』
2006年2月17日(金)〜3月5日(日)
東京芸術劇場小ホール1

【劇団Ugly duckling】(大阪)
『改訂版さっちゃん』
作:樋口美友喜
演出:池田祐佳理
2月17日(金)-19日(日)

【現代時報】(盛岡)
『親密な他人』
作・演出:高村明彦
2月21日(火)-22日(水)

【劇団SKグループ】(札幌)
『再演A。』
作・演出:すがの公
2月25日(土)-26日(日)

【北九州芸術劇場×飛ぶ劇場】(北九州)
『IRON(アイアン)』
作・演出:泊篤志
3月3日(金)-5日(日)

詳細なスケジュール・チケットなどのお問い合わせは公式サイトをご参照下さい。
BACK

Questions?Problems?Suggestions?Contact backstage@land-navi.com
BACK STAGE【SideA】 Since 1999/09/01.2000/10/01.Presented by LAND−NAVI
Copyright (C) 2006 LAND-NAVI .All Rights Reserved.