BACK STAGE REPORT〜下北沢シュワッチ!演劇公演「マスター・ミザリー」〜
下北沢・・・下北。
演劇の街と言われて久しい。でも最近、「若者の街」というブランドに取って代わられてないか?
ん?この企画は・・・?下北の街にあるもの全てを巻き込んだイベントか・・・演劇メインではないか・・・。
でも、なんとなくシックリくる、下北と演劇。全然違和感が無い。こんな街、他には無いんじゃないか?
今回のBACK STAGE REPORTでは、複合イベント「下北沢シュワッチ!」演劇公演「マスター・ミザリー」で初演出を行なう大越真木さん、
オーディションで選ばれた役者の皆さん(1名不在)への質問と稽古風景、事務局から石井梨沙さんのインタビューをお届けする。
【演出家 大越真木、インタビュー】役者プロフィール】 ←【稽古リポート】
BACK STAGE REPORT〜下北沢シュワッチ!演劇公演「マスター・ミザリー」【取材リポート、シュワッチ!事務局長・石井梨沙 インタビュー】〜

シュワッチ!事務局長・石井梨沙 氏

ルールが違うものを一つに

−そもそも今回の企画、<下北沢シュワッチ!>はどんなところから生まれたのでしょう?

 事務局でも住所をお借りしている「add cafe」のオーナー・坪谷雄一さんの発案です。坪谷さんは、下北沢の自分のお店「add cafe」をアーティストの発表の場として提供しているというモノズキなおじさんで(笑)・・・。その坪谷さんが、心当たりのプロデューサーとかに「こういうの、やりたいんだけど」って声をかけて。

−それでこの規模に!? 

 はい。なんだかいつの間にか、ですね。勝手にどんどん大きくなっちゃって。「やろうか」となったら、「私も私も!」みたいな(笑)。・・・ファッションショーにしてもお笑いにしても、当初は無かったものですからね

−規模が大きくなっただけに、苦労もあったと思いますが

 ええ。・・・一番大変だったのは、こういう、あらゆるものをひっくるめたイベントの「前例がない」っていうことでした。例えば音楽だけでフリーパスチケット制、っていうイベントは過去にもあるんですけど、これに映画も演劇も、となると・・・それぞれの文化って、実は全然違うんですよね。チケットの制度一つとっても。そういう、ルールが違うものを一つにまとめるわけですから・・・大変でしたね

下北沢の<媒体>として

−反響はどうですか?

 メディアがたくさん取り上げてくれて・・・それが大きいですね。<下北沢シュワッチ!>は、なかなか一言では説明できないイベントですよね。さっきも言ったように前例も無いし。だから、お客さんも戸惑ってしまうと思うんです。「本当に3,000円で全部見られるの?」「本当に8日間も有効なの?」って。その点で、マスコミで紹介して頂けたのは有難かったですね

−先ほど「初年度の今年は」とおっしゃってましたが、では来年以降もこのイベントは続ける?

 はい。「毎年やる」ということを前提にしています。・・・ちょっと映画の話をしますと、実は今回上映する映画は、全てこのイベントの為だけに撮り下ろされた作品なんです。で、今後それをパッケージ化して流通に流すという事になっていて、これは立ち上げ当初から決まっていた計画があるんですね。そんな風にして、このイベントを「シモキタ」の媒体として確立して、それが認知されるようになって、そこに人が集まってくるようになるまで、そこまで成長させようって考えています

街と人を繋ぐために

−街の反応はどんな感じでしょう?

 協賛店舗でフリーパスチケットのを提示すると割引や特典が受けれるのですが、約70店舗たくさんのお店が協力して下さいましたね。今回のイベントはあくまで街興しなんで、いい形で街の為になれればと思いますね。それだけに、「イベントが終わってみたら街がゴミだらけになっていた」なんていう事にはしたくない。そこで、〔greenbird〕表参道を拠点に活動をしているNPOと提携して、下北沢支部を立ち上げました。開催前から毎週日曜午後に下北沢のゴミ拾いと、ポイ捨てはカッコ悪い事なんだよっていうアピールをしています。

−その下北沢、石井さんはどんな街だと思いますか?

・・・人がいっぱいいて、賑わっている街。演劇の街でもあって、音楽の街でもあって、映画も若手の人が発表する場がちゃんとあって、もちろんファッションの街でもある・・・。本当に、若手アーティストの表現の場として、最適な街だと思いますね。だからこそ、こういう<シュワッチ!>のようなイベント、自分たちで勝手にアートするために来るんじゃなくて、街とも手を繋いで、連携してやっていこうというイベントは、その媒体として最高じゃないでしょうか・・・大変ですけどね(笑)。それだけに、うまく根付いていってくれたら、って思います

−最後に・・・フリーパス3,000円って、安すぎません?

 いやぁ・・・今になって正直思うんですけど・・・価格設定間違えたなぁ(笑)

(文中、一部敬称略)

2003/9/30 文責・インタビュアー:北原登志喜  撮影・編集:鏡田伸幸

【演出家 大越真木、インタビュー】役者プロフィール】 ←【稽古リポート】
BACK STAGE REPORT〜下北沢シュワッチ!演劇公演「マスター・ミザリー」【取材リポート、シュワッチ!事務局長・石井梨沙 インタビュー】〜

BACK


Questions?Problems?Suggestions?Contact backstage@land-navi.com
BACK STAGE【SideA】 Since 1999/09/01.2000/10/01.Presented by LAND−NAVI
Copyright (C) 2003 LAND-NAVI .All Rights Reserved.