BACK STAGE REPORT〜下北沢シュワッチ!演劇公演「マスター・ミザリー」〜
下北沢・・・下北。
演劇の街と言われて久しい。でも最近、「若者の街」というブランドに取って代わられてないか?
ん?この企画は・・・?下北の街にあるもの全てを巻き込んだイベントか・・・演劇メインではないか・・・。
でも、なんとなくシックリくる、下北と演劇。全然違和感が無い。こんな街、他には無いんじゃないか?
今回のBACK STAGE REPORTでは、複合イベント「下北沢シュワッチ!」演劇公演「マスター・ミザリー」で初演出を行なう大越真木さん、
オーディションで選ばれた役者の皆さん(1名不在)への質問と稽古風景、事務局から石井梨沙さんのインタビューをお届けする。
【演出家 大越真木、インタビュー】
BACK STAGE REPORT〜下北沢シュワッチ!演劇公演「マスター・ミザリー」【役者プロフィール】〜
→ 【稽古リポート】  →【事務局長 石井梨沙、インタビュー】
役者プロフィール

質問@ 下北沢のイメージは?  質問A どんな舞台にしたい?

小坂理紗子
■88年に小椋桂ミュージカル+NHK主催の「アルゴはじめての冒険」で初舞台にして主演デビュー。MIKO worksを立ち上げ、映像・舞台を中心に活躍中。
@エネルギッシュな街、っていうイメージです
Aみんな個性的で、凄く好きなカンパニーなので、一人一人輝いて欲しいし、自分たちにとっても、お客さんにとっても、何かのきっかけになるようなお芝居になればと思っています

中田寛美
■99年アクターズオフィス主催「エロスとパトスのサドンデス」で初舞台。現在は映像を中心に活動、12月には創作人形師とのパフォーマンスを予定。
@パワフル。とにかくパワーを感じますね
Aその辺に転がってるようなモノじゃない芝居にしたいですね。実際、そうなると思います!

中村利裕
■名古屋出身。96年に日光江戸村の忍者役を経て、現在劇団タコあし電源所属役者として活躍中。アクション、殺陣が特技。
@なんというか、自分がダラダラしている時とかは胸張って歩けない、そんな街ですね
Aお客さんに楽しんでもらうのは大前提で、その上で、全部終わった後に、おいしいお酒が飲めれば、と(笑)

三島サチエ
■97年に映画「オーライ」で主演デビュー。即興劇集団インプロモーティブに所属し、都内各地で行われる「月刊即興」に毎月出演している。
@みんなが自分のペースで、生きたいように生きている、って感じます
A下北沢の街みたいに、なんかゴチャゴチャしてて、ザワザワしてて、その中で「あぁ、こいつら遊んでるな、生きてるな」っていうのが見える。そういう舞台になればいいですね

森山太
■96年から現在まで約1000本近くの舞台に出演。フリーとして各分野で活動し、年末にはオペラ「こうもり」への出演が決まっている。
@おもちゃ箱をひっくり返したような街
Aお客さんに精神的な満腹感を感じて貰えるような芝居、関わった人全てが満足できるような芝居にする。それが自分の仕事ですから

山道貴子
■シアターブラッツプロデュース公演「愉快・痛快・誘拐・後悔」にて初舞台を踏んだ。最近は、フットサルにはまっている。
@お洒落な街、というイメージ。上京して最初に住みたかった街でもあります。叶いませんでしたけど・・・
A気持ちの伝わる舞台になれば、って思ってます

(文中、一部敬称略)

2003/9/30 文責・インタビュアー:北原登志喜  撮影・編集:鏡田伸幸

【演出家 大越真木、インタビュー】
BACK STAGE REPORT〜下北沢シュワッチ!演劇公演「マスター・ミザリー」【役者プロフィール】〜
→ 【稽古リポート】  →【事務局長 石井梨沙、インタビュー】

BACK


Questions?Problems?Suggestions?Contact backstage@land-navi.com
BACK STAGE【SideA】 Since 1999/09/01.2000/10/01.Presented by LAND−NAVI
Copyright (C) 2003 LAND-NAVI .All Rights Reserved.