ラフレシア円形劇場祭。
演劇者自らが企画・運営する野外演劇祭である。参加9劇団が共同で劇場を作り(!)、解体し、相互に批評するという。期間にして約3ヶ月。
日本の野外演劇のメッカともいえる大阪においてさえ、前例のない試みである。
最近、相次ぐ劇場閉鎖など暗い話題が多かった大阪小演劇界に、この異様の華・ラフレシアは果たしてどんな芳香を撒き散らすのだろう。
演劇祭開幕を1ヶ月後に控えた3月中旬の一日、参加9団体中6団体の主宰にお話をうかがった。
Vol.1 ← Vol.2←  BACK STAGE REPORT 〜ラフレシア円形劇場祭 【取材リポートVol.3】〜 →Vol.4 取材後記
関川 祐一 氏 (ことのは主宰)

楽市楽座】のすぐお隣では【ことのは】が稽古中とのこと。さっそく入室すると、役者さんたちがパイプ椅子を円く並べて、台本の読み合わせをしていた。その輪を離れて、駆け寄ってくる影が1つ。主宰の関川祐一さんだった。読み合わせの邪魔にならない様にと、関川さんとともに部屋を出て、お話を聞く事に。

僕らにだって出来るんだ、というところを見せたいと思った

― 今回の企画を聞いて、まず、どう思いましたか?

関川 「最初は迷いましたね。僕達【ことのは】は、今回参加する9団体の中でも1番、経験・実績が浅いんです。その僕らが、果たしてこれほどのイベントに参加して良いものか、と。けれども、そんな僕らでも『これだけの事が出来るんだ!』と証明できたら、それはとても意味のある事なんじゃないかって思いまして、参加を決めました。もちろん、一表現者として血が騒いだ、ということもありますけれど

ことのは】は、企画意図・内容に賛同してもらえる出演者、スタッフにそのつど参加を呼びかける一種のプロデュース体制をとっている。その根底にあるのは「演劇を、もっと様々な人が関われるものにしたい」という関川さんの想いだ。その関川さん、この演劇祭をきっかけに、更に横につなぐ手を増やしたいと言う。その為、今回は参加者の一般公募も行ったそうだ。

― 一般公募の中には演技未経験者も含まれるのですか?

関川 「はい。才能・やる気のある人達にもっともっと芝居に触れてもらいたいんです。残念ながら、現在は社会的にも個人的にも、芝居に取り組み難い状況というのがありますけど、この演劇祭によって、何かが変われば、って期待しています

方法論が未知の領域だった

― 野外公演には以前から興味を抱いてらっしゃったんですか?

関川 「ええ、もちろん。ただ、自分たちが野外公演をやる事はないだろうな、とも思ってました。なんといっても野外公演はお金がかかるし、ノウハウだってありませんでしたから

― その【ことのは】さんが、今回野外公演をやる側にまわりました。課題、或いは発見は?

関川 「もう、全てですね(笑)! 場所の確保など、企画・運営の大変さももちろん関わってみて初めて分かりました

行政機間に協力を仰ぐための企画書作りその他、主に制作面で改めて見直す部分が多かったようだ。

― 演出に関してはどうですか?

関川 「野外で、しかも劇場が円形で・・・・・・方法論が未知の領域でしたからねぇ

『方法論』を組み立てるところから始まった芝居創り。けれども、もう模索の時期は終ったという。「(芝居は)頭の中で形になっています」そう言う関川さんの目に自信がよぎる。今はそのイメージに沿って、「0の状態」の集団に1つのベクトルを与えている段階だとか。

― それはどんなお芝居になる予定ですか?

関川 「大きい、広い世界で、ものすごく小さい所まで見せる芝居、です

繋げる為に、成功が必要

― 最後に、この演劇祭をどんなお祭りにしたいですか?

関川 「・・・・・・お祭りを呼ぶお祭りにしたいですね。見てもらった方達に『よし、自分達もやってみよう!』と思ってもらえるような、そんなお祭りになればと思っています。その為にも、そして演劇祭を来年以降に繋げる為にも、なんとしてもこの演劇祭を成功させたいですね。成功が大前提です


今回の企画に参加して大きく変わった事は? の問いに「こうしてインタビューを受けた事です」と笑った関川さん。関西演劇界の底辺拡大に一役買いたいというその情熱が、皐月の空の下、どんな実を結ぶのか。乞う御期待、である。
2003/3/12 文責・インタビュアー:北原登志喜 撮影・編集:鏡田伸幸
Vol.1 ← Vol.2
BACK STAGE REPORT 〜ラフレシア円形劇場祭 【取材リポートVol.3】〜
Vol.4
 取材後記

BACK


Questions?Problems?Suggestions?Contact backstage@land-navi.com
BACK STAGE【SideA】 Since 1999/09/01.2000/10/01.Presented by LAND−NAVI
Copyright (C) 2003 LAND-NAVI .All Rights Reserved.