ラフレシア円形劇場祭。
演劇者自らが企画・運営する野外演劇祭である。参加9劇団が共同で劇場を作り(!)、解体し、相互に批評するという。期間にして約3ヶ月。
日本の野外演劇のメッカともいえる大阪においてさえ、前例のない試みである。
最近、相次ぐ劇場閉鎖など暗い話題が多かった大阪小演劇界に、この異様の華・ラフレシアは果たしてどんな芳香を撒き散らすのだろう。
演劇祭開幕を1ヶ月後に控えた3月中旬の一日、参加9団体中6団体の主宰にお話をうかがった。
BACK STAGE REPORT 〜ラフレシア円形劇場祭 【取材リポートVol.1】〜  →Vol.2 →Vol.3 Vol.4 取材後記
斎藤 勝 氏(劇団ARK主催)

まずは今回の取材をセッティングしてくださった斎藤勝さんに従い、斎藤さんの主宰する【劇団ARK】の稽古場へとお邪魔した。場所は、京阪本線・古川駅に程近い、公民館の一室。入ると室内では役者さん達がウォーミングアップを始めていた。
その稽古風景を横目に見ながら、斎藤さんに一組の男女を紹介される。
野外公演を専門とするプロデュース集団、【level-blue】の主宰・五十嵐さんと制作の久保田さんだった。【level-blue】は、ラフレシア円形劇場祭とは直接関係は持たないが、演劇祭終了後にすぐお隣の場所に劇場を組み上げて公演を行うという。
その挨拶に来ていたらしい。しばし、お二人に野外演劇のこと、次回公演のことなどを聞く(詳細は後日掲載)。
そのお話が一段落して、改めて、斎藤さんに、今演劇祭についてお話をうかがった。

こんな面白いハナシ、乗らない手はない

― この演劇祭の話をきいて、まずどう思いましたか?

斎藤 「うん、単純に『面白いな』って思いましたねぇ

聞けば、斎藤さん、野外演劇そのものにはかねてから興味を抱いていたらしい。今回共同で演劇祭を運営する【楽市楽座】の公演などもしばしば観劇していた、とのこと。

斎藤 「そういえば、初めて【楽市楽座】の公演を観に行ったとき、こんなことがありました。舞台で火を使ってたんですけどね、それが、セットに燃え移って…これは演出かな?とも思ったんですけど、後で聞いたら、やっぱりアクシデントやった(笑)

何が起こるかわからない、逆に言えば、何でも出来る。それこそ火を使おうが水を使おうが穴を掘ろうが……そんな野外演劇の面白さに惹かれていた斎藤さん、二つ返事で参加をOKしたそうだ。

斎藤 「もちろん、劇団員には相談しましたけどね

― それで、実際やるとなって、問題なども出てきたと思いますが?

斎藤 「そうですね。大変さを痛感しましたね。具体的に言えば、まず、場所が決まらない(笑)
 
3ヶ月に渡り占有できる大スペースの確保。これは想像以上に困難だった。更には電気をどうするか、トイレをどうするか。様々な紆余曲折をへて、今年に入ってようやく場所が決まったという。消防法の問題も出たが、それはラフレシアの屋根を取っ払うことで解決できたそうだ。

野外では観客の集中力が違う

― では、野外演劇の面白さってなんでしょう

斎藤 「観る側の面白さとしては、小屋では味わえないほどの集中力の高まりを感じられますね。テント外の様々な音だとか、或いは雨だとか、そういうものが意外なくらい気にならなくなるんです。そこが面白いですね
 
― むしろ、雨が降ったほうが、役者さんもお客さんもテンションが上がったり……

斎藤 「それはあるかもしれない。ま、もちろん、客足は落ちるんですけど(笑)

― さて、今作はシェイクスピアの『夏の夜の夢』ですね。なぜシェイクスピアをやろうと?

斎藤 「シェイクスピアの時代、芝居は野外で行われていたんですね。ですから、今回野外でやるというのは、むしろ当時の形に近づくわけです。そこが面白いと思って

― 日本でも、演劇はそもそも野外で行うものでした。演劇の原点への回帰、という意図があるのでしょうか?

斎藤 「特にそういうことを意識している訳ではないですね。むしろ、僕としてはこれも、新しい事への挑戦と捉えています

ドッコイ大阪の演劇は生きている

ここで、今回の公演に客演する【劇研「嘘つき」】の主宰・伊藤昌弥さんにもお話に加わって頂く。伊藤さんも「踊らなにゃ損」と、二つ返事で参加を決めたクチだそうだ。

伊藤 「小屋でやる芝居と野外演劇には和食と中華ぐらいの違いがあって、やっぱり野外には野外の魅力がありますから

そんなお二人に、現在の大阪小演劇の現状をどう感じているのか聞いてみた。

― 現在、大阪では劇場が相次いで閉鎖されていると聞きますが、そんな状況をどう捉えていますか?
斎藤 「確かに閉鎖されている所はありますね。僕らが過去に使った小屋も閉鎖されて、寂しいなぁ、とは思ったんですけども……今回の演劇祭の準備で色んな小屋の方と会って話をしているうちに『なんだ、あんまり減ってないやん』と、正直思いましたねぇ。閉鎖されるところがある一方で、実は新しく出来てもいるんですね。だから、公演を打つ場所が無くなる、というような危機感はありませんね

伊藤 「どっこい生きてる! って感じで(笑)
お二方とも、劇場にもっとお客さんに足を運んでもらえるよう、良い芝居を創っていかなければ、という想いは同じだが、現状には決して悲観していないようだった。

― 最後に、今回の演劇祭をどのようなお祭りにしたいですか?

斎藤 「沢山の方に観に来て頂いて、もうてんやわんやの、楽しいお祭りにしたいですね。実は、今回無事成功したら来年もまたやろうなんて話も……

400年以上前のルネサンス演劇を、ダンスあり、生演奏あり、原作に無い配役ありで、現代の祝祭劇としてよみがえらせようという【劇団ARK】、そして【劇研「嘘つき」】。主宰のお二人の目は、まるで新しいおもちゃを手に入れた子供のように輝いていた。

劇団ARK 橋本チカコさん

劇団ARK 吉岡瞳さん
2003/3/12 文責・インタビュアー:北原登志喜 撮影・編集:鏡田伸幸
BACK STAGE REPORT 〜ラフレシア円形劇場祭 【取材リポートVol.1】〜
Vol.2 →
Vol.3 Vol.4 取材後記

BACK


Questions?Problems?Suggestions?Contact backstage@land-navi.com
BACK STAGE【SideA】 Since 1999/09/01.2000/10/01.Presented by LAND−NAVI
Copyright (C) 2003 LAND-NAVI .All Rights Reserved.