ラフレシア演劇祭参加作品

劇団ARK
http://cat-5.hp.infoseek.co.jp/
劇団の特徴
1989年に「箱舟」として『嗚呼、あの大鴉さえも』(作:竹内銃一郎)で旗揚げする。
既製脚本とオリジナル脚本で、年1〜2本のペースで公演を行う。ライブでのコントから始まり、太平洋戦争を扱った「蒼き道標」や沖縄の悲劇の学童疎開船対馬丸をテーマにした「銀の鈴」などの社会派や、一人芝居からエンターティメントまで幅広く上演する。
公演タイトル
『夏の夜の夢』
キャッチコピー
てんやわんやのアセンスの森へ皆様方をご招待いたします。
公演期間
6月7日(土)〜6月8日(日)
公演場所
南港「ふれあい港館」横特設野外テント
ストーリー紹介
【夏の夜の夢】
アセンスの街はシーシアス公爵とヒポリタ王女との結婚式を明日に控えて賑わっていた。その賑わいに乗じてライサンダーとハーミアは駆け落ちをしようとしていた。それを知ったハーミアの許婚であるデミートリアスと、デミートリアスに恋しているヘレナは二人を追いかける。駆け落ちのことを知り激怒したヘレナの父は公爵に直訴。二人が心中しないかと心配した公爵と王女も後を追うことになる。また、公爵の結婚を祝うため芝居をしようと計画していたアセンスのホームレス達は、その稽古場所を探して街を出る。そして全員はアセンスの森の中へと入ってゆく。おりしも、闇の国の王オーベロンの弟子パックが、新月の祭りのためにアセンスの森の封印を解こうとしていた時であった。
アセンスの森の妖精レストランでは新月の祭りを祝うため準備をしていた。しかし、妖精の王オーベロンと女王タイターニアは夫婦喧嘩の真っ最中である。呪文がうなり魔法が炸裂する喧嘩である。オーベロンはタイターニアに復讐するため、パックに魔法の惚れ薬なるものを作らせる。目が覚めた時に見たものはなんであれ好きになるという魔法の惚れ薬である。首尾よくタイターニアの目に薬を塗り、ターターニアはホームレスの一人に夢中になる。しかし、そこには予想外のアセンスの森の人間達が迷い込み、パックの勘違いも加わって静かなアセンスの森は一瞬でドタバタのるつぼとなる。惚れ薬はばら撒かれ、いたるところ恋する者の追いかけっこが開始される。
ようやく騒ぎも収まり、恋人達は元通りの鞘に納まる。ウイリアムと名乗る謎の男もこの一夜を皆に感謝しつつ帰ってゆく。そして、アセンスの森でホームレス達による祝祭劇が始まった。オーベロンとタイターニアも和解し、すべてはうまく行くはずである・・・。
そして、パックによる最後のセリフが始まったのだが・・・。
公演PR
誰でもその名前くらいは聞いたことのある William Shakespeare の傑作喜劇。
今回上演するのはその由緒正しい Shakespeare の作品をARK独自に解釈・訳出しようとするものです。
ラフレシアの中で展開されるものは、愛と憎悪、光と闇の世界です。
そして、呪文と魔法が飛び交い、ダンスとドタバタの連続、てんやわんやのアセンスの森へ皆様方をご招待いたします。
出演 スタッフ
KINUKO
千阪恵美
橋本チカコ
吉岡 瞳
原田マサミ
屋敷和義
衣笠奈緒美
印藤晃一
森田紫友
田中喜宏
斎藤 輝
松下祐介


☆スタジオみきDancingTeam☆
森岡麗湖
田井中美波
玉置涼佳
辻井沙央理
田中鈴葉
井上友貴
伊藤巴美
井上しおり
河井友美
川口由唯
園田百可
西川和美
平野茜子
作:William Shakespeare
演出:斎藤 勝
演出補佐:千阪恵美
舞台監督:谷本 誠(スタッフ空海)
照明:野田真弘(Lighting Craft)
音響:倉恒 拓(Giant Grammy)
音楽:熊野貴子
演奏:熊野貴子管弦楽団
振付け:圓月久美子(スタジオみき)
特殊効果:仏陀電影
制作:劇団ARK

・ Spetial Thanks
スタジオみき
熊野貴子管弦楽団
劇研「嘘つき」
仏陀電影
神戸職演連
タイムスケジュール
6/7(土) 6/8(日)
15:00 14:00
19:00 18:00
開場は開演の30分前です。
チケット料金 チケットのお問い合わせ
前売り2,000円
当日2,500円
割引1,500円
(割引:高校生以下・65歳以上・障害を持っておられる方)
劇団 ARKホームページ
劇団ARK(072-883-7941)
4月1日発売開始
劇団へのアクセス
劇団代表  斎藤 勝
劇団事務所 大阪府門真市宮野町19−7
メールアドレスark6282@infoseek.jp(制作)

Questions?Problems?Suggestions?Contact backstage@land-navi.com
BACK STAGE【SideA】 Since (September 1999)August 2000.Presented by LAND−NAVI
Copyright (C) 2003 LAND-NAVI .All Rights Reserved