〜「世界を席捲する、パパタラの身体的方法論」〜

「百年の孤独」って何かなと考えてるとき
あれはそう、なんかさ 見えない都市の夢なんだよ、ね。

演出家・小池博史

これまで独自のパフォーマンスを表現しつづけてきたパパ・タラフマラ。25年の集大成として行なう「百年の孤独」ワールドツアー。そのワークインプログレスとなるのが「見えない都市の夢」。脳で理解するのではなく、カラダが直接感じ取るリアリティーを体感すべく取材を敢行した。
真夏の熱気がむせ返る稽古場からは、本番さながらの緊張感あふれるリポートを。
小池氏のインタビューでは、演劇・舞踊においての身体論など
真剣に、時折笑顔を交え語ってくれた。

last up date 2004/8/11
材レポート
稽古REPORT(2004/8/5)
稽古REPORT
演出家・小池博史インタビュー(2004/8/5)
パパ・タラフマラ代表 小池博史 氏
[大切なのは頭で考えるんじゃなくて、自分の身体で感じられるかってこと。]

年の孤独」プロジェクトスケジュール(予定)
2004年6月・7月 第一回ワークショップ メキシコ・サンパウロ
2004年8月27日〜30日 ワーク・イン・プログレス公演「見えない都市の夢」
国際交流基金フォーラム
2004年9月 第二回ワークショップ スワスモア(アメリカ)
2004年10月 第二回ワークショップ UCリバーサイド(アメリカ)
2005年3月 第三回ワークショップ 東京
2005年6月 第4回ワークショップ+レジデンシープログラム+作品製作
「百年の孤独・第一部」 UCリバーサイド
2005年10月 レジデンシー稽古 東京
2005年11月 最終レジデンシー稽古+総合公演
「百年の孤独」 山口芸術情報センター
2005年11月〜12月 「百年の孤独」公演 国内ツアー
2005年12月 「百年の孤独」公演
世田谷パブリックシアター
2006年8月〜10月 「百年の孤独」アメリカ・ヨーロッパツアー


パ・タラフマラについて
舞台芸術の世界で独自のジャンルを築いてきたパフォーマンス集団、パパ・タラフマラ。演劇、美術、音楽、ダンスといった枠に捉われず多彩な表現で新境地を切り開き、国内外で活躍中。→→→→パパ・タラフマラHP
えない都市の夢
「百年の孤独」ワーク・イン・プログレス公演
[見えない都市の夢]8月27日(金)〜8月29日(日)
国際交流基金フォーラム
「見えない都市の夢」公演情報
「見えない都市の夢」

「見えない都市の夢」だから見えないのである。
しかし、舞台だから見えなければならない。
見えるけれど見えてはならないのだ。
ううむ、と考える。
来年行う「百年の孤独」プロジェクトのこれは第一弾だ。
そこで、まず最初にタイトルを考えた。
するりと出たのがこの「見えない都市の夢」というものだった。

「百年の孤独」って何かなと考えているとき、あれはそう、なんかさ、見えない 都市の夢なんだよ、ね、とふと感じたのだ。
見えない「都市の夢」?「見えない 都市」の夢?どっちかなあ、なんて思い悩んだけれど、まあ、どっちでもいい。 どっちにせよ、変だ。それは見えるのか、見えないのか?ただの残像なのか? 来年行う作品とはまったく違った方法論で、しかも、作品としては独立したもの を作る。シンプルに、見えない都市の夢らしく。・・なのだが。


小池博史

BACK

Questions?Problems?Suggestions?Contact backstage@land-navi.com
BACK STAGE【SideA】 Since 1999/09/01.2000/10/01.Presented by LAND−NAVI
Copyright (C) 2004 LAND-NAVI .All Rights Reserved.