名古屋で今、最も人気のある劇団の一つである【劇団あおきりみかん】。その実力は2003年東京池袋シアターグリーンフェスティバルでシアターグリーン大賞を受賞するなど、名古屋以外の地域でも高く評価されている。「アマチュアだから」・「名古屋だから」…そうした枠に囚われず、自分たちのスタイルを貫き続ける【劇団あおきりみかん】。そのモットーは「思いっきり笑えて、最後にあたたかい気持ちになれる、ほんわか喜劇」を観客に届けること。そんな【劇団あおきりみかん】の主宰 / 鹿目由紀氏並びに制作チーフ / 石丸徹氏へのインタビュー、更には本番直前の次回公演「プラクティス・プラクティス」の稽古風景をお届けする。
BACK STAGE REPORT〜report no.12 名古屋 【あおきりみかん】【作 石丸徹 インタビュー】
宰 鹿目由紀 インタビュー】【古REPORT
丸 徹 氏
(劇団あおきりみかん制作チーフ)
【劇団あおきりみかん】は、その制作面の充実も目を引く。例えば、チラシ。一貫した意匠と、キャッチコピーの語尾。ひとめ見ただけで、ファンなら「あ、【あおきり】がまたやるんだ」と分かる。そこには明確な戦略性がうかがえる。
 聞けば、制作スタッフが専任と役者兼任を合わせて5人もいるそうだ。全員パソコン上での作業には熟練しているとか。縁の下で劇団を支える彼ら制作スタッフ。そのチーフを務める石丸徹さんに、主に制作的側面からのお話を伺った。
鹿目が毎回デザインすることで統一感が出ますね
―【あおきりみかん】さんは制作的なアプローチがとてもしっかりしている、という印象を外から見ていても感じます。たとえば宣伝にしても、一貫した「あおきりみかん色」がありますね。これは立ち上げ当初から明確に打ち出していたのですか?

実は、私自身は制作として関わったのは『其の七』からなんですが、例えばデザインは毎回、主宰の鹿目が基本的に考えますから、その流れで一貫した形というのが、これはもう最初のうちに出来上がったと聞いています

―それが徹底されている

そうですね。今は鹿目がベースを考えた上で私ども制作内部、更には外注という形でデザインを上げるようになっています。

―名古屋の中で、制作担当者間でのネットワークのようなものは?

若干はあります。制作をメインでやっている人が名古屋には何人かいらっしゃいますから、その方を通じてネットワークが広がっていく、という形でしょうか。ただ、どうしても名古屋の劇団内で見ると、制作専任でやっている方は非常に少なくて、役者が兼任していたりですから、制作者同士、というよりも劇団同士の繋がりになりますね
ームグラウンドを大切に
―公演を打つ場所が、公共の施設が多いですよね。行政との付き合いは?

特にはありません。小屋のかたとの付き合いになりますね。公共の施設とは言ってもやっぱり人間ですから、同じ小屋を長く使って、小屋の人たちと付き合いが深くなっていくことで、小屋自体もだんだん使いやすくなっていきますね。ですから私どもとしましては、過去にはスタジオ・座・ウィークエンド、今は愛知県芸術劇場の小ホールを「ホームグラウンド」のように使わせて頂いてますが、今後もこういう形で活動をしていきたいと思っています

―名古屋を拠点としながら、名古屋以外での公演も打つ。このスタイルは今後も変えずに?

そうですね。東京公演は継続的にやっていきたいな、というのは考えています
がやっていないことが多いんです
―制作サイドから見て、名古屋で演劇をする「やりやすさ」或いは「やりにくさ」というのは?

お客様を呼ぶということで言うと、どうしても名古屋は観劇人口が少ないな、というのは正直感じます。だから、どうやったら一般のお客様に劇場に来て頂けるか、そこが僕ら制作サイドとしては苦労している点ですね。ただ、東京や大阪に比べると、名古屋は宣伝活動に力を入れている劇団が少ないと思うので、やりやすさというのではありませんけど、「他がやっていない」ということが多いのも事実です。そういう点で外に対して、いろんなアプローチを試す余地がまだ名古屋には残っている、ということは言えると思います。例えば、私どもは前回公演からフライヤー、これはポストカードサイズの小さいチラシなんですけど、これを劇場以外のところに置かせて貰う、なんていうこともやっています。……それによって集客が増えたかと言ったら、まだ目に見えた効果は上がっていないんですけど(笑)。ただ、一般のお客様に【劇団あおきりみかん】という劇団があるんだと知って頂ければ、それだけでもいいかな、と。その中で実際に観に来て下さったお客様にはきっと気に入って貰える、作品に対してはそう自負しておりますので。とにかく、これからも一般のお客様に広く観て頂く手段をどんどん工夫していかなければいけませんね

―その努力が奏功して、現在動員数もうなぎのぼりですが

いやいやいや、本当に皆様のおかげです。


―劇場に関しては?

正直、良い環境ですね。キャパ100〜200という規模の小屋が名古屋には非常に少ないんですけれども、200を越した場合、今度は小屋の数が余るほどある、という状態ですから。……これが10年くらい前ですと、200を越す小屋も少なかったので名古屋の演劇環境は決して良いとは言えなかったんですけど、今はその、100〜200という規模をクリアしていくことさえできれば、演劇環境としては良いんじゃないでしょうか
般のお客様にもたくさん来て頂きたいですね
―今後の目標は?

基本的に本公演が年に2本、それと今回の『ぽんかん劇場』のような番外公演的なものが1本。一応、年3本をベースにやっていこうとう形にはなっています。もしかしたらそれにプラスしてあと1本、ということもあるかも知れませんけど……正直、年3本でも私ども制作はきついんですけどね(笑)

―具体的な企画などは挙がっているのですか?

制作としては、取り立ててないですね。一般のお客様にどうやって宣伝できるかという部分だけで。特に今度の東京公演は前回から約1年空いていますし、初見のお客様がどうしても多くなってくると思いますからね。ただ、前回観て頂いたお客様には「また東京に来るときは教えてください」と言って下さった方もかなりいらしたので、そうしたお客様方にぜひもう一度来て頂いて、また次に輪を広げていく形になっていけたら、と思いますね。

―それでは、制作の立場から、『ぽんかん劇場其の弐 プラクティス・プラクティス』の宣伝をお願いします

鹿目も言っていたように、ふらっと立ち寄って、楽しんで帰って頂ければいいいな、と思っています。私共もお客様にとって最高の観劇環境をご用意すべく精進を続けていきますので、ぜひ劇場にいらして下さい

―せっかくですから、6月名古屋、7月東京の本公演の宣伝も一つ

名古屋のお客様に向けては……今回も【劇団あおきりみかん】的な面白さに満ちた喜劇ができると思いますので、是非観にいらして下さい!
東京のお客様に向けては……正直、「喜劇」という言葉にどう反応をなされるのか分かりませんが、一度観て貰えばその意味も分かって頂けると思いますし、とにかく、観終わったあとに心安らかに笑って帰って貰える芝居ですから、本当に、是非観て頂きたいですね!
(文中、一部敬称略)
2004/2/29 文責・インタビュアー:北原登志喜 撮影・編集:鏡田伸幸
BACK STAGE REPORT〜report no.12 名古屋 【あおきりみかん】【作 石丸徹 インタビュー】
宰 鹿目由紀 インタビュー】【古REPORT

BACK


Questions?Problems?Suggestions?Contact backstage@land-navi.com
BACK STAGE【SideA】 Since 1999/09/01.2000/10/01.Presented by LAND−NAVI
Copyright (C) 2004 LAND-NAVI .All Rights Reserved.