しりあがり寿×天野天街
2人の異才が出会い、生まれた傑作二人芝居『真夜中の弥次さん喜多さん』の初演から3年。
この芝居が今度は100人を越える出演者とぶつかる。
その名も 『百人芝居◎真夜中の弥次さん喜多さん』
“百人芝居”――このタイトルだけでもインパクト抜群だが、実際の出演者は160人を超えるという。しかも、そのうち100人以上が公募で集まった一般人。
 そんな芝居をどうやって作り上げるのか?
 そもそもなぜ“百人芝居”なのか?
いくつもの“?”は、そのままワクワク感となって芝居好きを惹き付ける。
そんな「ダレモミタコトノナイ」演劇の制作現場を、《愛・地球博》で沸く歴史と伝統の都・名古屋からレポートします。
last up date 2005/7/25
★取材レポート
★天野天街インタビュー(2005/7/7)
天野天街氏(脚本/演出)
:大プロジェクトを前にして、「すべて“なり”です」と穏やかな天野氏。
“なり”とは?
★小熊ヒデジインタビュー(2005/7/7)
小熊秀司/小熊ヒデジ
:プロデューサーにして主演の小熊秀司(小熊ヒデジ)氏。企画の進み具合にはかなりの手応えをつかんでいる様子
★記者会見(2005/7/8)
7月8日に百人芝居事務局で開かれた記者会見から、KUDAN Projectの面々と原作者・しりあがり寿氏のコメントを紹介します
★稽古REPORT(2005/7/8)
人いきれでむせ返るようなアツい稽古場から、楽しくも激しい稽古の様子をお届けします
◆KUDAN Project(主催)
1995年天野天街(少年王者舘)、小熊ヒデジ(てんぷくプロ)らが演劇ユニット「キコリの会」を立ち上げ、東京・名古屋で『くだんの件』を上演。1998年同作品を『劇終/OSHIMAI〜くだんの件』と改題し、台北・香港・名古屋・東京で再演。これを機に「KUDAN Project」が発足。各分野で活躍するメンバーが高い技術を持ち寄り、あらゆる表現要素を駆使し、実験的且つ先鋭的な手法を用いて舞台表現の可能性を追及する ことを目的として名古屋を拠点に活動を開始。以後、国内・海外での公演活動を実施し、全く新しい演劇体験として大きな反響と高い評価を得る。2003年には『真夜中の弥次さん喜多さん』で中国3都市(北京・ハルピン・重慶)連続公演を実施。2005年8月には一般市民参加による本企画『百人芝居◎真夜中の弥次さん喜多さん』をプロデュース、2006年には東南アジア・ツアーを実施予定。

オフィシャルサイトhttp://www.officek.jp/kudan/
『百人芝居◎真夜中の弥次さん喜多さん』
・8月10日(水)〜8月13日(土)
・愛知県勤労会館
『百人芝居◎真夜中の弥次さん喜多さん』公演情報
舞台は弥次さんと喜多さんが、同じ夢を見るところから始まる。不思議な電車に乗って、二人で酒を飲んでいた。いったいどちらの夢にどちらが入ったのやら……。浮かない二人は、リアルを求めてお伊勢参りに旅立つ。幾百の鳥たちが、彼らの門出を祝う。そして行く先には、不思議な街、不思議な宿、不思議な部屋が浮かんでは消え、夢とうつつ、死と再生のスパイラルが繰り広げられる。時には弥次さんと喜多さんが増殖し、えんえんとつながり、時にはすべてが消えて、まったくの無となり。夢の旅路、夢の荒野に、まか不思議なまぼろしの王国が浮かび上がる。
日本の代表的古典文学《東海道中膝栗毛》に想を得た、しりあがり寿氏の漫画作品『真夜中の弥次さん喜多さん』と『弥次喜多in Deep』は、恋愛関係にある弥次郎兵衛とヤク中の喜多八が、この世の「リアル」を求めて江戸を出発し、お伊勢参りへと旅立つ物語です。奇想天外な出来事が次々と巻き起こる道中には「幻想」と「現実」が交錯、様々な登場人が出現してふたりを〈生〉と〈死〉の狭間へと誘い、その旅路はいつ終わるともなく続いてゆきます。
脚本・演出を手掛ける天野天街は、存在感が希薄となった現代社会の魂の行方を、伊勢をめざし東海道を旅する弥次さん喜多さんになぞらえ、時には辛らつな世相批判を交えながら独自の劇空間を立ち上げます。随所にギャグやアクションを交え、ビジュアル性あふれる舞台装置と映像とのコラボレーションや、予想もつかない舞台装置と小道具の展開は、最後まで観る者を決して飽きさせることはありません。『百人芝居◎真夜中の弥次さん喜多さん』では、舞台上だけでなく劇場全体を使って巨大な生命のうねりを出現させます。
BACK

Questions?Problems?Suggestions?Contact backstage@land-navi.com
BACK STAGE【SideA】 Since 1999/09/01.2000/10/01.Presented by LAND−NAVI
Copyright (C) 2005 LAND-NAVI .All Rights Reserved.