「誰にでも分かるエンターテイメント喜劇」をモットーに作品を発表し続ける【Theatre劇団子】。
 微かな痛みを描きつつも人肌の優しさを失わない温度感。
 キャッチーな映像の挿入が拍車をかける心地よいテンポ感。
 自らの持ち味を確信的に発揮するその作風で動員を伸ばしてきた彼らが、今度はザ・カスタネッツ(バンド)とのコラボレーションを引っさげ、念願の紀伊國屋ホール進出を果たす。
 今回のBACK STAGE REPORTでは、結成13年目にして大きな挑戦へと臨む【Theatre劇団子】を、新作『君とボク』を軸に紹介する。
last up date 2006/5/19
取材レポート
★石山英憲 インタビュー(2006/4/29)
主宰/作/演出の石山さんに、劇団のこれまでのこと、目前に迫った新作のことを聞いた。【Theatre劇団子】のルーツは『よしもと新喜劇』!?

★稽古REPORT(2006/4/29)
『君とボク』の稽古場から、大きな子供たちの気持ちの入った表情をお届けします

★本番直前!!ザ・カスタネッツREPORT(2006/5/16)
本番に向けていよいよ加速し出した稽古場から、演劇との初コラボレーションに臨むザ・カスタネッツの表情を中心に、彼らの熱気をお伝えします。
【Theatre劇団子】

平成4年10月、日本大学芸術学部映画学科演技コース在籍中に石山英憲(現・主宰)、窪田浩一(俳優、退団)が旗揚げ。平成8年3月、劇団員の就職等により一時休団するが、平成10年再び活動再開。その頃、在学中から「GAI PROJECT」として石山と活動をしていた、同大学映画学科撮影コース出身の照山明が「映像」として劇団に加わり、演出に映像を積極的に取り入れるようになる。
平成12年、渋谷に事務所を設立。屋号を「ガイプロジェクト」とし、舞台と映像のプロデュースの拠点となる。石山が演劇部門(Theatre劇団子)、照山が映像部門を担い、現在に至る。


オフィシャルサイトhttp://www.gekidango.jp
【ザ・カスタネッツ】(The Castanets)

1987年、明治学院大学の音楽サークルを母体に横浜にて結成。
1995年12月にデビュー・シングル「冬のうた」をリリース。
世界観を鮮やかに浮かび上がらせる歌詞と確かな技術で数々のヒットを世に送り出す。
今年、若月健司(b)が一身上の都合により脱退し、現在は牧野 元(Vo & G)、小宮山 聖(G)、溝渕ケンイチロウ(Ds)の3人で鋭意活動中。



Through
Through
posted with amazlet on 06.05.08
カスタネッツ
インディペンデントレーベル (2002/12/08)
売り上げランキング: 19,904
おすすめ度の平均: 4
4 僕らは似たもの同士だったから〜♪

9599
9599
posted with amazlet on 06.05.08
ザ・カスタネッツ
ERJ (2002/10/23)
売り上げランキング: 14,921
おすすめ度の平均: 5
5 詩人の歌を聞こう
『君とボク』
5月19日(金)〜5月21日(日)
・紀伊國屋ホール
『君とボク』公演情報

出演
阿部英貴
山崎武史
佐藤貴也
斉藤範子   
島村比呂樹
田中千佳子
高附克暢
土橋建太
伊奈稔勝

宮下今日子(サードステージ
冠仁
小林健一(動物電気


コラボレーションWITH ザ・カスタネッツ


BACK

Questions?Problems?Suggestions?Contact backstage@land-navi.com
BACK STAGE【SideA】 Since 1999/09/01.2000/10/01.Presented by LAND−NAVI
Copyright (C) 2006 LAND-NAVI .All Rights Reserved.