中谷宇吉郎(1900〜1962)という科学者をご存知だろうか。
 世界で初めて人工的に雪の結晶を作り出すことに成功した、日本が誇る雪氷学者である。その業績は世界的に評価され、彼の名を冠した小群島や星まである。
 同時に中谷はすぐれた随筆家でもあった。中谷の名前は知らなくとも、その著書『雪』の中で語られる「雪は天から送られた手紙である」という名言は耳にしたことのある方も多いのではないだろうか。
 そんな中谷の生き様は、不思議な明るさに包まれている。その明るさは、彼が「科学は人を幸せにするためにある」と信じ実践した、希望の人であったことに由来するのだろう。
 正しく結晶のように美しく生きたこの科学者と、この春、【風琴工房】が出逢う。

   風琴工房 演劇公演 『砂漠の音階』

 絶望の満ち溢れる今の世に、敢えて希望の物語を――そんな思いで綴られるこの注目の新作の稽古場から、作/演出の詩森ろばさんのインタビューと、稽古の模様をお届けします。

last up date 2006/3/26
取材レポート
★詩森ろば インタビュー(2006/3/12)
中谷宇吉郎に惚れ込んだ詩森さんに、今作に込めた想いを聞いた。
《TOKYOSCAPE》の情報もあり!

★稽古REPORT(2006/3/12)
“発見”を求めて俳優たちが心の中を巡る旅――そんな【風琴工房】の稽古風景を紹介!
【風琴工房】
1993年、旗揚げ
座付き作家の詩森ろばによる硬質なリリシズム溢れる劇世界が高い評価を集める。“対話”にこだわり、現代的・社会的テーマを多彩なスタイルで表現し続けている
1997年、『病の記憶』シリーズをスタートさせる
なお、風琴とはオルガンのこと


オフィシャルサイトhttp://www.windyharp.org/
関連記事


AAF戯曲賞ドラマリーディング開催!
(2005年8月取材)
関連サイト
*グリング
http://www.gring.info/


*バズノーツ
http://www.geocities.jp/buzznauts/entrance.html


*青年団
http://www.seinendan.org/


TOKYOSCAPE
http://www.tokyoscape.org/
『砂漠の音階』
・4月5日(水)〜4月12日(水)
・下北沢ザ・スズナリ
『砂漠の音階』公演情報

作・演出 出演


詩森 ろば
松岡 洋子
宮嶋 美子
笹野 鈴々音
浅倉 洋介
(以上 風琴工房)

杉山 文雄(グリング)
増田  理(バズノーツ)
岩崎 裕司(青年団)
宮崎新之助
★関連書籍
雪
posted with amazlet on 06.03.25
中谷 宇吉郎
岩波書店 (1994/10)
売り上げランキング: 32,100
おすすめ度の平均: 5
5 第一次南極越冬隊隊長(西堀栄三郎)も唸らせた科学啓蒙書
5 ロマンチックな雪の本
BACK

Questions?Problems?Suggestions?Contact backstage@land-navi.com
BACK STAGE【SideA】 Since 1999/09/01.2000/10/01.Presented by LAND−NAVI
Copyright (C) 2006 LAND-NAVI .All Rights Reserved.